真骨頂

【テツの電磁波対策ブログ No.2769】   ~2012年6月より365日ブログ継続中~
2017年10月5日(木)、くもり時々はれ
日中のパフォーマンスと睡眠の質
グンと冷え込んだ朝となりましたが今日は超早起き。姫路での電磁波セミナーフォローのために早朝出発だったのですがその前に片付けるタスクがあったために薄暗い中飛び出しました。最近は質の高い眠りを心掛け学びを深めていることもあり睡眠時間が少なくて眠い朝を迎えても日中のパフォーマンスは落ちることなく集中出来ていると感じています。パフォーマンスを上げて仕事に取組みたいと思うのは皆さん同じだと思いますからこれからインプットしたことをアウトプットしていきたいと思います。
電磁波セミナー@N-STYLE社
姫路勤労会館にて電磁波セミナーが開催され講師デビューのK上測定士をフォローしに会場入り。赤ちゃんや小さなお子様を連れたママさん達が約20名も参加されました。緊張気味のK上測定士でしたが主催者の皆さんの雰囲気作りも合わさりデビューにも関わらずいい感じに進んで行ったと思います。途中でK上測定士の姿を見ながら目頭が熱くなりました。まずは講師の第一歩を踏み出したK上測定士にお疲れ様とこの場を借りて改めてお伝えしておきたいと思います。
IMG_3990
視線集中
参加者の皆さんは真剣にメモを取りながら耳を傾けられていたのが印象的でしたが、やはり測定器を使った電磁波の見える化を行った際には視線が集中していました。そして対策方法の基本であるアースの実演の際にも身を乗り出してご覧になっている姿を拝見して意識の高さに驚きました。
IMG_3993
タイムアップ
K上氏からバトンタッチをして私も約1時間程お話し&質疑応答時間を頂きました。気合が入り話が過ぎたので質問時間が短くなり、タイムアップで質問を打ち切ることになりましたが予想を遥かに超えるご質問の数々で驚き。長時間に及ぶセミナーで、お子様ずれという条件もありながら最後まで真剣に耳を傾けて頂いたことに感謝します。ありがとうございました。些細な質問などでも結構ですので何かありましたらご連絡頂ければ幸いです。
IMG_3995
電磁波と一緒に生きて行く初めての世代
スマホと一緒に生きて行く初めての世代とソフトバンクのCMで広瀬すずちゃんが言っていましたが、本日参加されたママさんとお子様との決定的な違いは、子供たちは電磁波と一緒に生きて行く初めての世代だということです。電磁波が溢れ今後更に増え続ける中で生活する子供たちの状況を懸念するだけでなくアクションを起こす必要があるのではないでしょうか。つまり一番身近な電磁波である家庭内電磁波の環境を整え、外出先で影響を受けた身体を癒す住まいにすることが現代の暮らしの中で必要な要素なのです。
5年前の子供たち
5年前の子供たち
まとめると
アーシングという健康法が注目を浴び、医学の世界では今後の課題として帯電障害を解決する静電気デトックスがささやかれる中で、住まい自体がその性能を持ち合わせ、住まいの中にアーシングスポットを設けること。
追伸
その手法が母なる大地と繋がるというシンプルな方法であり現代人が切り離してしまった繋がりを呼び起こすこと。オールアースとは単なる住宅の電磁波対策ではなくそれ以上の可能性と価値があると感じて頂ければ幸いです。
earthing9

■セミナーで回答できなかった質問をこちらにUPしておきたいと思います。
•今までも言われ続けてきた電磁波。なんで今問題視したの??
これまで電磁波問題と言えば電子レンジやIH、携帯電話が主流でした。
しかし、家の中が一番電磁波が強い日本特有の住宅問題が判明したからです。

•1番簡単に出来ることは何?

対象物から離れること。正しくアースをとること。
•iPhoneとか、電化製品に電磁波を弱くする!みたいなものはつけられないの??
シールなどが流通しています。
可視化するために測定を行っても数値化出来ないため我々では判断することができません。
・今すぐできる電磁波対策(なるべくお金がかからない方法)
発生源を正しく把握して対象物から離れること。正しくアースすること。
・空気清浄機とのうまい付き合い方。花粉症やハウスダスト持ちの人は大体空気清浄機を置いてるかと思う為。
空気清浄機は1メートル離れて使用することをお勧めします。
電磁波は花粉やハウスダストを引き寄せる一因ですから身体に帯電させないことも必要です。
・子どもがアレルギーがある場合の子どもへの具体的な電磁波対策方法
1日一回はするべき??
アレルギーの有無に限らず寝室環境や子供室の環境は整えるべきです。
まずは発生源を正しく把握して対策が必要かどうかを知ることが大切です。
対策方法は正しくアースが取れるシートを使い建物からの電磁波の影響を軽減します。
アースしたシートに触れること(アーシング)で静電気デトックスが期待できるので1日1回はすべきです。
・家電で一番電磁波がでてるのは?
ホットカーペットです。
直接接触して使用する家電は留意が必要です。PCなども該当します。
また、知られていませんが建物の床や壁も該当します。

・スマホなど、ポケットに入れておくのもよくないの?

はい、よくありません。いつも同じポケットに入れないよう意識して下さい。
特に胸ポケット(心臓部)に入れておくのは良くありません。
幼いお子様が長時間使用することもお勧めできません。(電磁波の問題だけでなく依存性が高くなると指摘されています。)
使用中も頭部から距離を保つために長時間の通話の際にはハンズフリーやイヤホンの使用をお勧めします。


募集します
お客様のお心遣いに甘えさせて頂き、建物から発生する電磁波を抑制したオールアース工法を導入した戸建住宅の内覧および体験を実施します。お客様のお宅はオールアース工法による電磁波対策に加え高気密高断熱、内装仕上げは杉の無垢材と漆喰仕上げとなっています。健康的な住まいをご希望の方は是非お声がけ下さい。経緯を書いたブログはこちら→http://bit.ly/2l9gI2F

■告知
電磁波測定士資格取得講座
(一社)日本電磁波協会認定インストラクターとして私が講師を務めます電磁波測定士資格取得講座@大阪のスケジュールです。
【29年10月度】
電磁波測定士2級資格取得講座:平成29年10月19日(木)13:00~17:00
電磁波測定士1級資格取得講座:平成29年10月27日(金)~10月28日(土)

ここのところブログの最後に必ずこちらの文章を入れさせて頂いております。少しでも多くのみなさんに私の想いを知って頂きたいから。以下ご覧下さい。
私も小さな子供を持つ親としてこれまで経験したことがないほど電磁波に囲まれた環境で暮らす子供たちに対して何とかしてあげたいと考えています。世界でも一番強い電磁波が一番身近に存在する国で暮らし成長していく子供たちに少しでも影響の少ない環境を残したい。子育て中の皆さんと一緒になって電磁波との付き合い方を勉強するイベントをしたいと考えています。保育園や託児所の関係者や父兄の方で電磁波測定士青山と勉強したいという方がいらっしゃいましたらお気軽にお声掛けください。

一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)認定インストラクター電磁波測定士の青山です。
いつもブログを読んで下さりありがとうございます。
木造なのに電磁波が出ない住環境を提供して皆さんのお役に立てるよう、
毎日ブログで情報を発信しています。
電磁波測定士資格取得講座@大阪は毎月開催しています。絶賛仲間募集中です。
詳細、お申込は日本電磁波協会のHPをご覧下さい。
電磁波測定士2級資格取得講座:平成29年10月19日(木)13:00~17:00
電磁波測定士1級資格取得講座:平成29年10月27日(金)~10月28日(土)

電磁波を測って欲しい・・・
電磁波の出ない家を建てたい・・・
電磁波の出ないリノベーションがしたい・・・
相談したい・・・

商品やサービスが気になる方はこちら→https://www.regina-ecore.com/
欲しいと思ったらメール下さい。

私たちはEMFA(一般社団法人日本電磁波協会)が定める行動指針に則り5つの価値をご提供しています。
 ①測定する  ②除去する  ③工夫する  ④止める  ⑤離れる
【ビジョン】 大切な人の健康を目に見えない電磁波の影響から守る
【ミッション】 日本の電磁波対策を世界基準まで高めストレスフリーな社会を実現する。
【バリュー】 電磁波対策に不可欠な「5つの価値」を提供しています。
オールアース工法により建築電磁環境性能基準をクリアした住環境を創造し社会貢献し、
日本の電磁波対策を世界基準まで高め、ストレスフリーな社会を実現するために日本初で唯一の専業電磁波測定士としての経験を基にコンサルティングを行う。
一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)認定インストラクター