離れて見なさい!の誤解

【テツの電磁波対策ブログ No.2774】   ~2012年6月より365日ブログ継続中~

2017年10月10日(火)、晴れ
3連休が明けて子供たちも通常通り通学して行きました。息子は引き続きの代休を満喫しているところです。それにしても今日も秋晴れが続き30℃と熱くなりました。明日はクライアント主催のコンペですからこのまま快晴が続いてくれると嬉しいのですが。今朝も安全な冬物家電についてのお問合せ、電磁波環境測定&対策のご依頼を頂きスタートしました。
目の愛護デーに想う視力低下について
10月10日は目の愛護デー。昭和6年に視力保存デーとして制定されたとのこと。少し前に遡りますが読売新聞に視力低下の割合が過去最高だという記事がでました。それは文部科学省の学校保健統計調査でわかったこととして、視力が0.3未満の小学生の割合が7.55%となり調査開始以来最高を更新した。小学生全体で推計すると50万人を超えていると。統計を取り始めた38年前の1979年と比較すると3倍も増えている。
視力低下のグラフ
視力低下のグラフ
文科省の分析
これほどまでに視力低下が進む原因として「幼い頃からゲームなどで画面を見る時間が増えているため」と分析しているマス。また、視力低下は低年齢化も進んでいるとみられ、幼稚園児の「0.3未満」も過去最高だったことが判っている。
専門医の見解
この統計調査が行われてから7年が経過しているのでデータには変動が見られるはずですが調査以降も視力低下が進んでおり、視力低下止まらずとしてゲームだけでなく、スマートフォンやタブレットの超事案の使用が視力低下の要因とみている。専門医は幼いころから目を酷使しないようにと継承を鳴らす。
VDT症候群
VDT症候群とは、パソコンのディスプレイやTVゲームなどを使用した作業を長時間続けたことにより、「目や身体、心に支障をきたす」ものです。
症状は以下の通り。
〇視機能障害・・・疲れ、視力低下、かすみ、眼痛
〇頚肩腕障害・・・肩こり、首痛、しびれ、腰痛、頭痛
〇婦人科障害・・・生理不順、流産
〇皮膚障害・・・顔中心の紅班
〇精神障害・・・うつ、心身症、自律神経失調症、精神疲労、思考の停滞、虚無感、疎外感
専門家は、コンピュータ作業により様々な不定愁訴が出るにも関わらず「電磁波問題と結びつける人が非常に少ないことが問題」と指摘しています。
wpid-20160321081621
目と電磁波の関連、水晶体や角膜破壊
北里大学病院の研究結果ではテレビの「電場(電磁波)」をハツカネズミに当てたところ「目の充血」「水晶体の破壊」などが感圧された。これおは眼の水晶体の繊維構造が電場によって破壊されたため。電場が水晶体白濁の白内障の原因となるのは決定的。眼は血管が少なく冷却効果もありませんから電磁波には一番弱い組織と考えられ、電場で角膜が損傷され、電磁波発生源を機器を長時間使用することで深刻なダメージが起こることは間違いないという。
離れて見なさいの本当の理由
「昔幼い頃テレビは眼が悪くなるから離れて見なさい!」と言われた経験がある方が多いと思います。テレビから出る光が原因だとばかり思っていました。多くの方が今もそのように思っている方が多いと思います。光は眼が悪くなる本当の原因ではありませんでした。テレビ画面に黒色の布を被せて光を遮断し電磁波だけが発生している状況を作り出し実験を行った結果、先述した水晶体や角膜破壊が生じました。(北里大学の実験。)つまり、目が悪くなるから離れて板のは画面から発生していた電磁波の影響を軽減するためだったのです。ゲームは更に画面だけでなくコントローラーから発生する電磁波の影響を受け、パソコンも同じです。今や身の回りには電磁波の発生源がゴロゴロ転がっている状況ですから視力低下が止まらないはずです。昨日のブログでも触れた学習デスクもそうですし、学習教材の電子化。子供たちを取り巻く環境は激変しています。そして私達が提案している住まいの電磁波環境を整えるということも併せて視力低下という現代の問題点と大きな関りがあると考えています。
ダウンロード (3)
今日は眼の愛護デーですので「眼」について考えてみましたが、視力低下や白内障など目の疾患でお悩みやご興味のある方はお気軽にご相談頂ければ電磁環境の視点からアドバイスさせて頂きます。


募集します
お客様のお心遣いに甘えさせて頂き、建物から発生する電磁波を抑制したオールアース工法を導入した戸建住宅の内覧および体験を実施します。お客様のお宅はオールアース工法による電磁波対策に加え高気密高断熱、内装仕上げは杉の無垢材と漆喰仕上げとなっています。健康的な住まいをご希望の方は是非お声がけ下さい。経緯を書いたブログはこちら→http://bit.ly/2l9gI2F

■告知
電磁波測定士資格取得講座
(一社)日本電磁波協会認定インストラクターとして私が講師を務めます電磁波測定士資格取得講座@大阪のスケジュールです。
【29年10月度】
電磁波測定士2級資格取得講座:平成29年10月19日(木)13:00~17:00
電磁波測定士1級資格取得講座:平成29年10月27日(金)~10月28日(土)

ここのところブログの最後に必ずこちらの文章を入れさせて頂いております。少しでも多くのみなさんに私の想いを知って頂きたいから。以下ご覧下さい。
私も小さな子供を持つ親としてこれまで経験したことがないほど電磁波に囲まれた環境で暮らす子供たちに対して何とかしてあげたいと考えています。世界でも一番強い電磁波が一番身近に存在する国で暮らし成長していく子供たちに少しでも影響の少ない環境を残したい。子育て中の皆さんと一緒になって電磁波との付き合い方を勉強するイベントをしたいと考えています。保育園や託児所の関係者や父兄の方で電磁波測定士青山と勉強したいという方がいらっしゃいましたらお気軽にお声掛けください。

一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)認定インストラクター電磁波測定士の青山です。
いつもブログを読んで下さりありがとうございます。
木造なのに電磁波が出ない住環境を提供して皆さんのお役に立てるよう、
毎日ブログで情報を発信しています。
電磁波測定士資格取得講座@大阪は毎月開催しています。絶賛仲間募集中です。
詳細、お申込は日本電磁波協会のHPをご覧下さい。
電磁波測定士2級資格取得講座:平成29年10月19日(木)13:00~17:00
電磁波測定士1級資格取得講座:平成29年10月27日(金)~10月28日(土)

電磁波を測って欲しい・・・
電磁波の出ない家を建てたい・・・
電磁波の出ないリノベーションがしたい・・・
相談したい・・・

商品やサービスが気になる方はこちら→https://www.regina-ecore.com/
欲しいと思ったらメール下さい。

私たちはEMFA(一般社団法人日本電磁波協会)が定める行動指針に則り5つの価値をご提供しています。
 ①測定する  ②除去する  ③工夫する  ④止める  ⑤離れる
【ビジョン】 大切な人の健康を目に見えない電磁波の影響から守る
【ミッション】 日本の電磁波対策を世界基準まで高めストレスフリーな社会を実現する。
【バリュー】 電磁波対策に不可欠な「5つの価値」を提供しています。
オールアース工法により建築電磁環境性能基準をクリアした住環境を創造し社会貢献し、
日本の電磁波対策を世界基準まで高め、ストレスフリーな社会を実現するために日本初で唯一の専業電磁波測定士としての経験を基にコンサルティングを行う。
一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)認定インストラクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です