なぜイヤホンを使用するのか

*てつひさ日記  2017年12月4日(月)、曇り時々雨

 

20171204
20171204
意外とタイトだったのね
今年の師走はスケジュールにゆとりがある。打合せで手帳をめくっていると何気にタイトやん!てことにビビる週明けの月曜日です。子供たちは通常授業は今週ぐらい?来週からは短縮授業がスタートしその先には冬休みが・・・。家族全員のスケジュールを把握するのが大変でそのあたりはアナログの手帳の方が書き込みやすり気がします。建設業界も秋から年末にかけては繁忙期ということでクライアントの新築住宅も上棟予定が延期になったりと工事にも影響が出ているようで打合せの日程が変更になったりしてスケジュール調整が難しいことになってます。今日も新しいご相談を頂きましたので出来る限り迅速に対応させて頂きたいと思います。
レベルの違いを見せられた
連日片付けネタで申し訳ないのですが、片付け中にアイホンの付属品が出て来ました。純正のイヤホンも大層なケースに入り出て来たので使ってみると・・・。
これまで100円ショップで販売しているイヤホンを数本持っておりましてデスクやカバン、家の色々な場所に置いて使用していたわけですが、純正のレベルの違いを感じて驚きました。音声入力の識別もかなり良く片付けのお蔭で発見できたことでストレスが解消出来ました。

 

IMG_4865
なぜイヤホンを使用するのか
スマホや携帯電話から発せられる電波が通話中は頭部との距離が近くなるので影響が出る。PCや床や壁から出る電磁波も同様に血流の低下が起きますが、携帯電話使用についてはイタリアの最高裁が脳腫瘍を患った方への労災認定(仕事で携帯を長時間使用していたため)の判決を出したことに端を発してイヤホンやハンズフリー機能を使用することがグローバルスタンダードとなっています。これを考えただけでも日本国内の携帯電話についての解釈の大きな違いに驚かされます。例えば欧州や米国の複数の州では16歳以下の携帯電話使用を禁止している一方で日本では子供用携帯を普及させています。ある意味凄いとしか言いようがありませんが使用方法についての教育を行うなど自分達で対応しなければいけません。子供に理解させるには親がイヤホンを使用していないと伝わりませんからブルートゥースではないイヤホンを使い通話するように実践しています。

**ブログタイトル変更にあたって**
テツの電磁波対策ブログ
改め
てつひさ日記 20171103
これまで専業の電磁波測定士として
ビジネスモデルを構築することで
入職者が増えれば電磁波対策が広がり
世の中がもっと良くなる
そのために卓越した存在になり
多くのクライアントに賛同頂いたお蔭で
結果も出せたと思います
これまで一貫してやってきたことが
自分の可能性を広げる足かせとなるのはいや
以前からモヤモヤしていた部分を片付けるべく
目的と手段の考察を行いこれまでの構築したものを
ブラッシュアップして変化の階段を一つ上がることを
決意しました
とはいっても急激な変化を起こすわけでもなく
これまでのサービスを行いながら幅を広げ少しずつ
サービスを付加していくことで進化する感じ
第一歩としてブログのタイトルを変更することに
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
てつひさ日記(旧テツの電磁波対ブログ)
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.2900

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です