家族を守る住まいづくりに欠かせないこと

*てつひさ日記  2017年12月5日(火)、晴れ

 

20171205
20171205
雨上がりの済んだ空気が気持ちの良い朝となりました。子供たちの登園&登校を見送りながらランニングに出かけ凛とした空気感を楽しみました。そして今日はクライアントから頼まれていた物を発注していてその品の引き取り。電磁波対策と言う観点から色んなご相談を頂けることを楽しんでいるところです。急激に寒さが増したことが原因なのかクライアントから訃報が届いたのでアポイントを延期して欲しいとの連絡が重なりました。そういう意味では嫌な季節です。
アースマンとして不甲斐ない気持ち
先日、アース線を購入するために家電量販店を訪れ「アース線はどちらにありますか?」と店員さんに質問すると・・・在庫がありません!と回答が来ました。ひぇ~となって他のお店を探し回ることに。次に訪れたお店で目当てのアース線はゲットすることが出来ましたが、他の店もついでに見回ってみました。するとどこのお店もアース線は品薄状態ということが分かりました。なんとも屈辱的というか「アース」を普及するものとしては不甲斐ない気持ちになりました。

 

IMG_4926
アドバイス下さい
オールアース住宅の完成後、または電磁波環境測定にお伺いした際に冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機のアースを確認したり未接続の場合には接続している活動の重要性を改めて感じるとともに、もっとアースへの意識が高くなるようなインパクトある伝え方はないのかを考え中です。何かいいヒントをお持ちの方はアドバイス頂ければ幸いです。
家族を守る住まいづくりに欠かせないこと
電磁波対策を行うことは健康的な幸せな暮らしを実現するために必要な要素であるとご提案するわけですが、実は現代の住宅において増加中の事故とも関係しているとも言えるかもしれません。それは電気事故であまり表面には出て来ませんが火災発生原因種別を見ると結構な割合となっており年々増加傾向。電気工事のルールを定めた 内線規程では水回りの機器を使用するコンセントへのアースを推奨から勧告へ、水回り以外の居室に対してもアース付きコンセントの設置を推奨に引き上げられたことも電気事故が背景に。
「アース」を普及するということはつまり、家族を守るために耐震性の優れた家を選ぶ事や火災の際に燃えにくい素材を選ぶことと同じだと思っています。利便性の高い暮らしには欠かせない電気に恩恵を受けて生活をしていますが、利便性と危険性が表裏一体となっていることを認識して電気の副作用をクリアした暮らしを送ることこそが持続可能な暮らしへ続く道だと思います。興味のある方はご相談下さい。

**ブログタイトル変更にあたって**
テツの電磁波対策ブログ
改め
てつひさ日記 20171103
これまで専業の電磁波測定士として
ビジネスモデルを構築することで
入職者が増えれば電磁波対策が広がり
世の中がもっと良くなる
そのために卓越した存在になり
多くのクライアントに賛同頂いたお蔭で
結果も出せたと思います
これまで一貫してやってきたことが
自分の可能性を広げる足かせとなるのはいや
以前からモヤモヤしていた部分を片付けるべく
目的と手段の考察を行いこれまでの構築したものを
ブラッシュアップして変化の階段を一つ上がることを
決意しました
とはいっても急激な変化を起こすわけでもなく
これまでのサービスを行いながら幅を広げ少しずつ
サービスを付加していくことで進化する感じ
第一歩としてブログのタイトルを変更することに
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
てつひさ日記(旧テツの電磁波対ブログ)
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.2901

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です