お餅つきと臼の種類と東と西

*てつひさ日記  2017年12月8日(金)、曇りのち雨

 

PTAお餅つき
冬のPTA行事のメインイベント。早朝から年長組のお父様達にご協力頂き無事にお餅つき大会を終えることが出来ました。園児たちにわれんばかりの声援をもらう機会なんてそうそうあるわけでもなく寒さに負けず元気な子供たちに表現ができないほど沢山のエネルギーをもらえたような気がします。振返ってみると今日で4回目のお餅つき大会への参加。まだまだいつまでも続くと錯覚していた幼稚園行事も一つ一つが最後。なかなか寂しいものです。

 

20171208
20171208
西と東で違う臼
さるかに合戦に出てくる臼は木製、私達が使用するのは石製。昔は木製だったのかと思ったら関東と関西で違いがあるそうです。つまり、関東は木臼で関西は石臼!?気時の方が杵と石臼が干渉して木屑が餅に付着せずに済むかもなぁ。今年のお餅つきは経験者が少なかったですが立候補して下さった仲良しパパのT氏のお陰もありとてもスムーズかつ和やかに進めました。ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

 

images (3)
経験が役に立ってる
お餅つきも過去の経験が生きた一日となりましたが仕事面においても同様に感じる日。環境改善のリフォーム工事を行っている案件を設計事務所さんと打合せ。仕上げの材料が体に合うかのチェックを行いながらの進行ですので我々の使用する部材にアーシングも併せて確認して頂いた上で導入を決定して頂きました。最初は違和感というか合わないのかもしれないとの判断でしたがもう少し我慢してトライしてもらいたいとこれまでの経験値を基にアドバイスをさせて頂いた結果、以前よりもグンといい感じになられました。
あきらめずに続けて良かった
これまでの様々な経験が今になって本当に生きていると感じますし、あきらめずに電磁波対策の普及を行ってきて良かったと思っています。日本臨床環境医学会の今年行われた総会では一般的なアレルギー疾患と電磁波過敏症の繋がり、つまり何らかのアレルギーを持っている方は電磁波過敏という今は珍しいアレルギーと併発する可能性が高いと発表されました。今や日本人の50%がなんらかしらのアレルギーを持っているといわれる時代ですから電磁波との付き合い方を真剣に考えるべき時が本当に来たと思っています。電磁波対策の必要性を普及し理解を得た多くの方々のお蔭で今後更に多くの方々のお役に立てるイメージが鮮明になっています。あきらめずに続けて良かった!

 

**ブログタイトル変更にあたって**
テツの電磁波対策ブログ
改め
てつひさ日記 20171103
これまで専業の電磁波測定士として
ビジネスモデルを構築することで
入職者が増えれば電磁波対策が広がり
世の中がもっと良くなる
そのために卓越した存在になり
多くのクライアントに賛同頂いたお蔭で
結果も出せたと思います
これまで一貫してやってきたことが
自分の可能性を広げる足かせとなるのはいや
以前からモヤモヤしていた部分を片付けるべく
目的と手段の考察を行いこれまでの構築したものを
ブラッシュアップして変化の階段を一つ上がることを
決意しました
とはいっても急激な変化を起こすわけでもなく
これまでのサービスを行いながら幅を広げ少しずつ
サービスを付加していくことで進化する感じ
第一歩としてブログのタイトルを変更することに
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
てつひさ日記(旧テツの電磁波対ブログ)
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.2904