実際に見ないと分からないものですね

*テツヒサ情報局  2018年3月22日(木)、雨時々くもり

 

20180322
20180322
昨日はどうにもこうにも頭痛と吐気に襲われ早く床に入ったのですが、その分積み残したタスクを翌朝にスライドするために夜明け前より起き出してタスクを片付けました。しかし、体調の大きな回復は見られず何とも目覚めの悪い朝。
 
 
オールアース住宅中間検査@和歌山県
 
現在和歌山県内で進行中のオールアース住宅現場のうち紀の川市に朝から伺いました。中二階がある大きな平屋で木と漆喰とオールアース(電磁波対策)の家!ご家族の健康的で幸せな暮らしを実現すべくオールアースのご相談を受けました。随所にこだわりが見える建物となっており完成が楽しみで仕方ありません。

 

IMG_1178
どこを測ってるの?
 
現場でほ監督さん、大工さん、電気屋さんが真摯に対応下さり丁寧な施工をして頂いて感謝しています。現場の様子を拝見していても会社の様子が見えて来ます。ところで、中間検査のご説明の際に住宅内部の主な電磁波発生源である電気配線に測定器をかざすと数値が上がるのは当たり前。しかし、木材に測定器を当てても数値があがる。つまり木材にも伝播して、さらには床や壁へと伝わることを知りとても驚いておられました。

 

IMG_1166
実際に見ないと分からない
 
先日の現場調査の際も、本日の中間検査の際も同じですが、電磁波の発生源や床や壁へ伝わり最終的に体へと伝わり影響を受ける。そのためにオールアース工法が必要だとご説明をしていても、やはり実際の現場で計測を行い見えない電磁波を可視化するとぐっと理解が進むようです。ご説明の際もサンプルや家電、電気配線という発生源を測定したり目で見て頂くよう努めますが実際の現場で見て頂く以上に理解を深め頂ける場所はないようです。
現場経験を積む
それはエンドユーザーや施工会社さんだけでなく電磁波測定士の資格を取得して頂いた方も同じで知識として持ち合わせていても現場での経験は違います。ここの所オールアース現場への同行依頼が少しずつ頂くようになりましたが1棟全て一人で経験してみることが一番の学びになると思いますが最初からとなれば大変でしょうからフォローさせて頂くます。今日は和歌山県内の現場でしたので同県内の測定士から同行希望の連絡を受けていましたが日程が合わずじまいでした。残念でしたが次回の竣工検査にはお立会い頂ければと思います。Kさん、次回楽しみにしています。
 
 
 
 
 
 

 

■告知
平成30年4月23日(月)16:00-18:00 
「第2回電磁波測定士資格所持者復習会@関西」 
詳細は下記のFacebookイベントページをご覧下さい。

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 

*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3003

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です