そのまんまの仕様

*テツヒサ情報局  2018年5月26日(土)、はれ
子供たちを玄関先で見送って今日は滋賀県からスタート。大津市には40分程度で到着する。京都、大阪、神戸へと通勤される方が多いという理由も分かります。結構近いです。

 

20180526
20180526
ほっとした様子の職人さん
滋賀県大津市内で工事が進むS様邸にてオールアースの中間検査を行いました。お施主様ご家族と監督さん&電気屋さんと一緒に電気配線から発生する電磁波が居室に侵入していないかを確認しました。

 

ガイドライン25v/m を大きく下回りました
ガイドライン25v/m を大きく下回りました
オールアース専用部材を床と壁面に施工して、アース棒から伸びたアース線を接続させます。結果はバッチリ!お施主様も安心して喜んで頂きましたし、初の施工となる監督さんや電気屋さんもホッとされていたように思います。
何をやらせんねん
施工してみて感想を伺っている中で、やってみるとシンプルで、施工はし易かったとの声を聞かせて頂きました。最初の計画段階で「電磁波対策工事」と聞くと身構えたという率直なご意見も飛び出しました。しかし、施工をして中間検査をみると意味が理解出来たとのこと。勉強させてと監督さんや職方の皆さんに向けて住宅に電磁波対策オールアースを施す理由をお伝えする種まき時間も頂けて普及活動に繋げる一石を投じることが出来ました。

 

IMG_2109
そのまんまの仕様で
滋賀県を後にして大阪市鶴見区へ。それこそ30分で目的地の現場へ到着。上棟間もないF様邸現場にてオールアースの施工説明。そして電気メーターや分電盤、一部配線計画の打合せを行いました。以前にも施工して頂いた電気屋さんということもありスムーズに進められそうです。

 

IMG_2135

 

木造3階建の木と珪藻土と電磁波対策の家が誕生予定です。このF様の案件はクライアント企業のモデルハウス(狭小地に建つ3階建、自然素材、オールアース、ペレットストーブ)と同じ仕様を希望されたということでステップフロアのダイニングキッチンが特徴的です。私もオープンハウスには何度も足を運びましたのでオールアースの導入してについても嬉しい限り。都会のど真ん中で自然に近い健康的な住環境を実現し幸せな暮らしをスタートされるようにお手伝いさせて頂きたいと思います。

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3065

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です