禁煙デーから学ぶアーシングデー

*テツヒサ情報局  2018年5月31日(木)、雨時々くもり

 

20180531
20180531
寝落ち
 
昨日は久しぶりに徹夜明けで中々ハードな一日を過ごしたこともありソファーで寝落ち。どのようにソファーにたどり着いたのか全く覚えていない始末。更に姫路からの帰り道についてもぼんやりとしか記憶していないので宿泊という選択肢を増やすことを検討した方が良さそうです。そんな今日は5月の最終日、あっという間に5月も過ぎて行きました。良かったこと、改善が必要な事、沢山のことがありましたが、無事に過ごさせて頂けたことに感謝して明日からの6月に備えたいと思います。
そんな月末の今日もいつもと変わらずに色々とお問合せやご相談を頂きましたが、春先からセミナーのご依頼を頂く機会が増えているのですが今日も来月のセミナーの打合せや再来月にもセミナーのご依頼を頂いた次第です。業界団体だけでなく主婦の方々、そして普段とちがうシチュエーションでのオファーもあり何れにしてもお役に立てるように進めて行きたいと思いますが、まずは自分が楽しんで行きたいと思います。
禁煙デー
images (2)

 

5月31日は世界禁煙デー。世界保健機関(WHO)が禁煙を推進するために1978に策定されています。私は愛煙家時代には禁煙デーなど全く気に留めませんでしたが、3年が経過したとはいえ禁煙中であるので意識したのだと思います。国内の会社でも社員の健康促進の一環で「たばこを吸わない社員に禁煙手当を支給する制度を導入している会社も少なくないとか。中には喫煙者は頻繁に休憩を取るため、非喫煙者との不平等感を無くそうと、喫煙する社員に1日当たりの勤務時間を1時間増やす社内規定を取っている会社もあるのだとか。ふと思い出した記憶では、友人が経営する企業では禁煙手当が3万円/月を支給していると聞いたことがありました。それも約20年も前の記憶なので凄い会社だったんだと懐かしく感じます。
あったらいいな@アーシングデー
土から離れて暮らす現代人、みんなで裸足で大地と触れ合う「アーシングデー」なんてあったらいいな。帯電障害という言葉が医師から生まれ、帯電による影響の臨床も進んでいます。便利な暮らしやスマホの普及によるIOTやAIの進化は電磁波に包まれて暮らしている状態。だからデトックスが必要。アーシングがこれからの時代には必要性が高くなっていく一方だと思います。
健康促進からみた職場環境
社員の健康促進の一環で禁煙を促すのと同様に社内の環境整備を行うことも検討すべきだと思います。仕事中にPCを使用して頭痛に悩む人は、3人に1人いると言われ、経済損失額として発表されているのはなんと2700億円です。環境を改善することで健康維持増進だけでなく仕事効率の低下を防ぎ経済的損失を防ぐなんてことも考えられます。そして、社内環境整備は人材の確保にも繋がると思います。環境の把握がまず大切だと思いますので電磁環境調査に興味をお持ちの方はご連絡頂ければ幸いです。

 

 of_ph02

 

 

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3069