何のための施工なのかを理解してもらう

*テツヒサ情報局  2018年6月5日(火)、くもり時々雨

 

20180605
20180605
子供たちと同じ時間帯の朝は結構な戦場と化す我家、今朝はそんな日でしたがそれでもワイワイ賑やかな朝は楽しもので自然と子供たちからエネルギーを貰えています。天の恵みの雨も長期にわたると早く晴れ間が欲しいと思いますし、雨はどうしてもネガティブな印象を持ちますが彼ら達は天候に一喜一憂することなく毎日一生懸命に過ごしています。童心忘れるべからずというのはモチベーションを高止まりさせるいい方法かもしれません。
現場打合せ
今日は京都の新築現場からスタートです。お施主様、現場監督さん、大工さん、電気屋さんと一緒にオールアースの詳細の説明です。実はクライアントからのご紹介案件でそのクライアントの現場監督さんが今回の案件でも監督を務められるということで昨日のブログに書いたように施工経験のある方が増えて来ているのが現状です。ですから大工さんや電気屋さんが初の施工であっても監督さんが理解して頂いていることは安心材料だと思います。O様、M監督、引き続き宜しくお願い致します。
オールアースって何?
素敵な現場は集う職人さん達も礼儀正しく明るい!そんな現場で「オールアースって何?」と根本的な質問を頂いたのが大工さん。どんな物をどうやって施工するのかは分かったけど、どうなるの?この質問はとても嬉しい内容で、施工してどんなメリットがあるのかを理解した上で施工したいという現れだと思いました。

 

IMG_2347
ずばり…
オールアースとは、建物内部の電気配線から発生する電磁波を居室へ侵入させないという特許工法です!導入すると暮らしの中で1番身近な電磁波の影響を軽減出来ます!自然に近い環境になり健康的な暮らしに繋がります!現代の住まいに必要な性能です!
こんな感じで伝わればいいなと思います。
バーチャルとリアルの整合性が高いことが好印象
京都で進行中のオールアース現場にも顔を出したいところでしたがスケジュールの関係で別日にゆっくりと訪問することにして大阪市内へ向かいました。姫路のクライアントN社を大阪のクライアントY社にお引き合わせするためのアテンド役。Y社は先月事務所を移転されたばかりで新事務所の表敬訪問も兼ねてということになりますが私は2回目の訪問。入口からコンセプトが伝わる事務所は好印象ですし、私的には事務所や打合せスペースのイメージがWEBとの整合性が高いところが素晴らしいと感じています。

 

IMG_2352
ライフスタイルの提案は覚悟がいる
お洒落でエコで健康的な暮らしを提案する会社としての入口としては重要で自分も見習う必要があると日頃から参考にさせて頂いていますが、今日のお話の中で着工から完工お引渡し、そしてその後のお付き合いに至るまでイメージを崩さないための取組みに継続して意識を向けてることが必要で実際のアクションがどの程度出来ているのかPDCAサイクルをスタッフ一丸となって行うことが大きなポイントだと感じましたし、ライフスタイルを提案するということは覚悟がいる。入口だねでなくバランスよくボトムアップに努める意識を再確認させて頂きました。

 

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3074

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です