お酒は飲まないのに二日酔い気分

*テツヒサ情報局 2018年6月22日(金)  くもり
ホッとするとお腹が減る
 
出張から帰宅するとほっとしてお腹が減る。いつもなぎら会食や懇親会ではなかなかお腹を満たすほど食べれない性分なこともあり、大体が深夜飯になってしまいます。そして昨夜はデザートまで手を伸ばしリラックスしていたお陰で睡眠不足と疲労を取り去ることは出来ずに朝を迎えました。
今日は先日の大阪北部地震により被害が大きかった茨木市のオールアースリフォームの現場へ。同市内は車の数も多くどこも混雑している様子で、塀の補強を行っている建物も目に入り車で30分程度の距離でも震源地との差を感じました。普及活動のために東京でセミナーをして全国各地から集まった経営者と懇親を深め次の日の朝は現場で施工確認をしている。それにしても朝から気温が上昇した関西でしたし謎の二日酔い状態(お酒は飲みませんが吐き気と頭痛)に終日やられるというシャキッとしない一日となりました。
 
 
オールアースリフォーム@珪藻土
 
オールアース部材である導電性繊維スパンボンドの原材料を珪藻土と合わせたオールアースパウダーという珪藻土を壁面全体に施工して(床面は導電性繊維スパンボンド)電磁波対策を行うリフォームです。壁という壁は珪藻土で仕上げられるので完成が楽しみな案件。通常のオールアースの施工方法と違う部分(アースの取り合い)があり施工説明は行ったのですが職方さんから連絡があり確認して欲しいと。壁面の下処理は全て完了し、残すが珪藻土を塗る段階なので問題なければ左官屋さんにgoしてもらう。

 

20180622
20180622


普通が一番
 
現場でもシャキッとしない体に鞭を打ち作業をしていましたが、体調を崩すと普通とか当たり前がどれほど幸せなことかを実感します。私の場合は昨日スーツにネクタイのスタイルが長時間続いたことにより肩こりや頭痛、吐き気をも要したと断定しています。起床時間から就寝間近までネクタイを締めている事は殆ど皆無なので体が驚いたのでしょう。移動時間はPCやスマホを使っていることも多く併せて体に負荷が掛かっていたと分析。
 
 
スマホ症候群
 
スマホ使用時間の平均時間は何と1日1時間50分。スマホの長時間の使用により生じる、肩こりや首のこり、腱鞘炎、眼精疲労、視力低下、ドライアイなどの症状の総称が『スマートフォン症候群』(スマートフォン症候群)。頭痛に悩んだので今日は昨今スマホやタブレット、PC使用による体調不良ネタが流行りなので、スマホ症候群に注目してみました。

ダウンロード (1)
スマホ症候群の主な症状
 
 

肩こり

スマホを使用するときは、どうしても頭が下がりがち。この姿勢を長時間続けていると、首の後ろから肩にかけて筋肉が強張り、血流が悪化。それが肩こりの原因となります。

眼精疲労、ドライアイ

「眼精疲労」というのは、一晩ゆっくり睡眠を取っても目のかすみや痛みが治らない状態。ドライアイは涙の量が減るなどして、目の表面に傷が生じる病気です。これらは、スマホの画面を見るときに、自然と瞬きの回数が減り、目の乾いた状態が続いて疲労してしまうことが原因です。

スマホ肘

テニス肘やゴルフ肘と似たような、腕のしびれや肘の痛みを生じます。これは肘が曲がった状態で固まり、神経障害が起こったものと言われています。

スマホ巻き方

スマホの使用で体が丸まり、頭を前に出すような形、つまり猫背になってしまい、肩が内側に丸まった状態のこと。肩こりの原因になる他、放置すると片頭痛や目のかすみなどが出る場合も。

VDT症候群

長時間ディスプレイを見ることで起こる健康トラブル。目の疲労や、首・肩・腕・腰のこりや痛み、精紳にもその症状が現れることがあります。

うつ症状

重要な機能を支配する自律神経が集中する首を長時間圧迫することで、副交感神経の働きを阻害し、頭痛やめまい、全身のだるさや食欲不振、不眠などの症状を引き起こすことも。こういった状況が長く続くと精神的にも悪影響がでて、うつ症状を招くことがあります。

如何でしたか?便利な機器との付き合い方を考える必要がある時代ですよね。

 
 
 
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3091