住まいや職場の電磁環境に目を向けてみる

*テツヒサ情報局 2018年6月23日(土)  くもりのち雨

 

20180623
20180623
昨日はまるで二日酔い状態(お酒は飲まないのに)で過ごしましたが、今日目覚めたら二日酔いから解放されたようなお酒を飲んでいた頃に何度も味わった感覚を味わいました。視界がひらけたような、頭の中や胃腸の中がスッキリしたようなあの感じを思い出しました。まぁ、爽快に一日をスタート出来る幸せを感じながら出発。
 
 
電磁環境を気にしてお部屋探しされるかた
 
今朝は神戸市長田区へ既築の電磁波環境測定のお申込みを頂いておりお客様のもとへ向かいました。先日から不動産賃貸業者さんとお会いする機会があり名刺交換をしてご挨拶をすると、電磁波の影響が少ないお部屋を求めている方を担当したことがある、そんな不動産業者さんと出会う機会が多くなりました。少し立ち入ってお話を伺うとお客様ご自身が測定器を持参されてチェックされたようです。
 
 
正しく測定出来ているのか!?
 
測定器さえあれば誰でも目に見えない電磁波を測定することが出来ます。しかしながら、ある程度は知識が必要で対象とする電磁波の種類や電界、磁界と要素の違い。また、1Fと2Fとフロアの違いで正しく測定が出来ないこともある。その辺りを押さえつつ測定をして頂ければ正しく測定出来るとはずです。正しく測定出来ない場合は、測定結果が低く計測されたり反対になってしまう可能性あり。反対というのは発生しているのに発生していない結果となることです。
 
 
電磁波環境測定@神戸市長田区
 
詳細をオープンにすることは出来ませんが本日電磁波環境測定にお申込み頂いたお客様は電磁波に過敏になってきたことを確信したということでWEBを発見して電磁波環境測定にお申込みを頂いたとのこと。測定の結果は良好な電磁環境でしたのでご自宅の建物自体が電磁波を発生して影響を受けているという懸念は払拭できました。ご自宅以外の暮らしを見つめ直し電磁波と上手に付合えるようにアドバイスをさせて頂き、労働環境についても話は及び個人で対策を講じるよりも会社全体で環境を整える方向に向かえたらと。

IMG_2568

近く職場の移転計画があるそうで、その際に手を加えるのがベストタイミングではないかと。責任者の判断が必要ですし労働環境の電磁波をどう認識されるのかは分かりませんが、スタッフの皆様への負荷を軽減することで仕事効率が上がったりストレス軽減や健康的に働けると考えることが出来れば、今の時代の職場環境も電磁波問題を無視をし続けられないと思うのです。N様、本日はありがとうございました。職場環境についてもお役に立てればと幸いです。引き続き宜しくお願い致します。
 
 
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3092

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です