食育と聞いていつも気になっていること

*テツヒサ情報局 2018年7月12日(木)  くもり時々はれ

 

20180712
20180712
個人懇談週間
今日から短縮授業に入った子供たち。早くも夏休みが近づいてきたようで、テストも全て終わったし、頭の中は遊び一色になっていることだと思います。しかし、個人懇談会週間なので先生からどんな話があるのか気になる様子が見て取れて面白いです。
ラーメンミュージアム
長女は社会科見学ということで登校せずに大阪府池田市にあるラーメンミュージアムに向かいました。お姉ちゃんだけ授業ではなく社会科見学だと下二人は羨ましそうに文句を言っている姿がこちらも笑えてきます。オリジナルのチキンラーメンが作れるチキンラーメンファクトリーやオリジナルのカップヌードルが作れるマイカップヌードルファクトリーなどを体験できる食育施設です。見学終了後にはラーメンを食べて帰ってくるそうで、ちょっと興味をそそられてます。

ダウンロード (4)
食育ブームに気になる点
食事や食物に関する知識と選択力を身につけ、健全な食生活が送れるようにする為の教育が食育の定義だそうですが、子育て中の方でも子供と一緒にキッチンに入ることや我家でも良く見る光景ですが子供たちが勝手にキッチンに入ることもよくあることではないでしょうか。そこで気になるポイントはキッチンの中の電磁波です。キッチンは家電が多く一般的にスペースが小さいために距離が近くなります。また、調理機器や調理家電は電磁波が強く発生するものが多いのも事実。教育のつもりが電磁波の影響を増やしてしまう結果になり兼ねません!少しの意識が成長期の影響を受けやすいと言われる子供たちを守ることに繋がると思います。調理機器、食洗機、電子レンジ、オーブンなどには長時間近付き過ぎないことが簡単に誰でも出来ること。特に食材や料理の出来上がりを覗き込んだりすることは避けるべきです。保護者の意識しだいで状況を変えられることだとおもいますので是非参考にして頂ければと思います。
電磁波測定士資格取得講座@2日目
昨日に引き続き、つじもと鍼灸院/合同会社アスリー社の事務所にて講座を開催しました。2日目の今日は試験もあり内容が実務に近いことからも建築と関係のない立場の方にとっては少しハードルが高い内容に感じられたかもしれません。

IMG_2880
電磁波対策講座
EMFAセーフティーガイドライン認定工事を行いガイドラインをクリアする住環境を提供するためには必要ない知識となっており、施工指導や検査を行える人材の確保という意味においても本日の内容を正しく理解して習得して頂く必要があります。とはいえ座学だけOJT無しでは不安もあるようですから打合せや現場での施工説明、検査などに同席して頂き経験値を上げて頂くためのフォローもさせて頂いております。今年に入りそういうリクエストを受ける機会が増加傾向で、特に建築に携わる職以外の方からのリクエストが多く、これは同じ出自の私にとってはやり甲斐を感じる部分ですし何とかお役に立ちたいところです。建築関係の職種に限らず入職者が増えると素晴らしいと思いますのでお気軽にお声がけ頂ければ幸いです。
今日のQ&A
Q.シート(オールアースの部材)に裏表はありますか?
A.いいえ、裏表はありません。

 

 

 

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です