電磁波と体温調節機能と熱中症

*テツヒサ情報局 2018年7月17日(火)  はれ
 
 
日射病、熱射病から熱中症へ
 
連日の猛暑日に熱中症への注意喚起を促すニュースが殆どで天気予報でも最高気温を叩き出した地域をピックアップして大騒ぎとなっています。少し歩いただけでも洋服はびしょ濡れ状態で水分補給を心掛けても補水が追い付かないといったところ。一気に飲み干すよりも少しずつ補水する方が効果的とのことです。昔を振り返ると熱中症という言葉すらなかったような気がしますが、「日射病」や「熱射病」という言葉は何となくあったような気がします。それらを「熱中症」と統一されたそうです。

 

ダウンロード (1)
熱中症の種類
 
■熱中症の種類
【熱失神】皮膚血管の拡張によって血圧が低下し、脳への血流が悪くなることにより起こります。
【熱けいれん】大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。
【熱疲労】大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。
【熱射病】体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。
 
■症状
【熱失神】めまい・一時的な失神・顔面蒼白・脈波や早くて弱くなる
【熱けいれん】筋肉痛・筋肉がけいれん・手足がつる
【熱疲労】全身倦怠感・嘔吐・頭痛・集中力や判断力の低下
【熱射病】体温が高い・意識障害・呼びかけの反応がにぶい・言動が不自然・ふらつく
 
 
熱中症の対処法
 
1.まずは涼しい場所への移動
2.衣類を脱がし体温を下げましょう
3.塩分や水分補給を行う

 

doc_preventio5
誰がなりやすい?
 
高齢者は体温調節機能が低下しているため、体に熱がこもりやすくなります。 また、暑さやのどの渇きを感じにくくなるなど、体が出しているSOS信号に気づきにくくなっています。 このため、暑さ対策が遅れることがあり、熱中症が発生する危険が高くなります。
 
 
体温調節機能が働かない現代人
 
屋外と屋内の温度差や化学繊維の台頭で現代人は体温調節機能が低下していると言われる。自律神経の乱れも指摘されていることからも体温調節機能が低下した現代人は熱中症にかかりやすいと言っても過言ではないと思います。そもそも気温の上昇だけが熱中症の原因とは考えにくいと思っていたので自律神経の乱れによる体温調節機能の低下は大きなポイントだと確信しています。

 

a140402232
電磁波が熱中症にも関与!?
 
さらにさらに自律神経の乱れや血流低下による体温調節機能の低下を助長する電磁波の存在も認めないといけません。現代人は電磁波の影響を多分に受けていますし屋内外問わずに電磁波があふれている状況はどなたにでもご理解頂けると思います。もしかすると21世紀の公害と言われる電磁波問題を解決(軽減)することで熱中症予防にもなり得ると考えています。厚さに対応する身体づくりが家族を守る方法の一つであることは間違いありませんし自律神経のバランスを崩す電磁波の影響を少なくした暮らしをご提案したいと思います。
 
 
 
 
今日のQ&A
Q.建物への対策(オールアース)の家にすると携帯電話の電波が入らない家になりますか?
A.いいえ、電波状況には影響しません。

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3116