次女の山の学舎とハチ高原

*テツヒサ情報局 2018年7月29日(日)  雨のち曇り
台風一過
日本列島を東から西へと横断と奇妙な進路を辿った台風12号。昨夜未明に関西地方を通過しました。朝方には猛烈な風の音で目がさめるほどで子供たちも怖がっていましたし、先の豪雨被害を受けた地域の方々のことも脳裏に浮かびました。一夜明けると台風の残した爪痕が明らかになりつつ、現在も速度が下がり通過に時間がかかるということで中国地方や九州地方には最大限の警戒が必要とのこと。
関西も台風が過ぎた現在も天気な移り変わりが激しく、時折突風が吹いている状況です。過去にない進路の台風ということで引き続き警戒したいと思います。
 
 
学校行事第2弾
 
長女に続き月末から学校行事の山の学舎に出発する次女。今日は準備の最終点検をやってました!持ち物リストに自分でチェックを入れながら確認する姿が彼女らしい性格を表していて同じように育てているつもりでも長女とは違う様子が伺えます。長女の時も同じでしたが彼女たちが訪れるハチ高原の宿泊先は私もスキーやスノーボードの際に何度も訪れたことのある思い出の場所。戻って来たら共通の話題で盛り上がりたいと思います。長女も次女も夏休みに2泊3日の合宿に出かけ彼女たちにとっては成長の夏になります。来年は息子の番、ママ一緒に行こうな!と言ってますがどうなるのでしょうか。笑
 
 
ハチ高原で気がかりなこと
 
そんな合宿の仕度をする次女の横で私はデスクワーク。台風の影響でアポイントも延期したこともありいつもながら溜まっているタスクをクリアすべくPCへ向かいました。実は娘が合宿に訪れるハチ高原にお住まいの方とかなり以前に電磁波過敏のご相談を受け何度もやり取りをしたことがありまして、その後パタリと連絡が途絶えたことが心に引っかかっています。症状が良くなってられたらいいのですがいまだに気がかりです。
今日のタスクは一般社団法人日本電磁波協会が認定する「電磁環境優良性能基準」をクリアする物件に対する報告書の作成を行いました。この認定を受ける物件が普及すれば安心で安全な住まいを選択出来、電磁波に過敏な方にとっても、どなたにとっても建物から出る電磁波からの影響を懸念せずに済みます。ハチ高原周辺にもそんな物件を作れたらいいのですが。

 
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3128