マーケティングは愛なんだ@元祖職人起業塾

*テツヒサ情報局 2018年7月30日(月)  晴れ

 

20180730
20180730
 
 
7月も残すところ2日、下半期に突入したと思ったらあっという間に1月が経過して行きました。7月は何といっても「水」による災害が印象的でした。異例のコースを辿った台風12号は今日も屋久島周辺に停滞するなど不穏な動きを見せ個人的には今後の台風の発生に不安を残す結果となりました。
記録的豪雨という言葉が陳腐化するほど飛び交う昨今ですが単に雨量が多くなったことが災害の原因なのか疑問です。気になる点は手つかずの森が荒れ放題となっていることで土砂災害の要因と考えられているからです。過去10年を振り返ると豪雨災害は毎年のように発生しています。今後も同様に豪雨の影響があると考えると山の手入れに予算を組んで進めてもらいたいと思うのは私だけでしょうか。
 
 
日本の森 

 

日本の国土は約60%を森林に覆われています。そのうち40%がスギなどの人工林で天然林は50%だそうで、天然林の中でもいわゆる里山と呼ばれる2次林は60%を占めています。人工林や里山はある程度人間が管理する必要があるとされています。しかし、林業の衰退や石油利用の生活になり、森林の価値が下がり、人が見むきをしない時代がしばらく続いています。高度成長時代を境に里山の木を利用する機会が減り、管理されずに放置されている状態が続いています。里山の樹木は人に定期的に切られることにより若さを保つことが出来るとされています。

 

 

荒れる森

 

戦後、大量のスギを中心とした針葉樹が山に植林されました。しかし、安価な輸入材におされ、国内の林業は衰退しました。林業の衰退に伴い植林された人工林の管理も行われなくなり、山が荒れることとなり、近年は林業就業者の高齢化による人材不足も深刻化しています。山が荒れると土砂災害などが起こりやすくなるほか、水源としての機能も低下してしまいます。

 

 

自分が暮らす地域の森の木を使おう

 

木材の地産地消を目指す取り組みを各自治体が行っており、県産材の利用を促進するため公共建築物等の木造化および木質化や県産材を使った住まいづくりの推進に取り組みます 。県産材を利用した低金利のローンも設定され県産材利用を促進しています。県産材を利用して家を建てることが森を守り環境循環型や災害の予防に繋がる可能性がある。毎年訪れる可能性のある豪雨災害に対してすぐに対処していく時間的余裕はないかもしれませんが森を守る活動はみんなでコツコツと取組む必要があるのではないでしょうか。兵庫県でも県産材利用についてHPに詳細が掲載されていますのでご興味がある方は覗いてみて下さい。→https://web.pref.hyogo.lg.jp/nk14/af13_000000017.html

 
第58回元祖職人起業塾
IMG_3113
2年前から書記係に立候補して毎月サポートさせて頂いたこともあり、間もなく60回=5年にも及び毎月無料で勉強会を継続されてきた高橋塾長の行動力や継続力を常に見せて頂けたことに改めて感謝する日となりました。自ら率先して第二領域に取り組む姿を我々塾生に見せ続けるのは並大抵のことではありません。塾生の状況を我がことのように考えコーチングする姿は愛に満ちたオーラさえ感じる程。今日はテストと検証がテーマで、「卓越の戦略」を実現するために皆さんはどのような実践(テスト)を行って、?その結果何を得ることができましたか?の問いに、塾長の教えを一生懸命実践したことで業績を大きく伸ばすことが出来たと発表された方がいらっしゃいました。その発表を聞きながら塾長は目頭を熱くされていたと思います。そして、私も毎日のように何かしらお問合せを頂ける状況になったのも書記を立候補してマーケティングマインド(塾長のマインド)に触れさせて頂きながら実践を継続出来たからだと思います。
備忘録
書記係として前回の議事録をグループページにアップすることを失念しておりまして、今回は忘れないように先行してブログに掲載しておきたいと思います。
今回は満員御礼ということもありグループディスカッション方式でグループごとに発表となりました。
今回の皆さんへの質問は、改めて、第2領域への時間のコミットです。未来に投資する時間=人生を作る毎日の時間です。いつ、どれくらい(時間)を持って、何をしますか?もしくは、何をしていますか?この機会に今一度、習慣へのコミットとその先にある成果を強烈にイメージしてみて下さい。
■春山さんチーム
朝の30分の勉強
■姫井さんチーム
売上管理の詳細を毎日見直す
■森田さんチーム
勉強するための時間の確保
■菅さんチーム
多能工トレーニング毎日1時間
週に一度のコーチング
毎日1時間の瞑想
この勉強会に参加してマーケティングを学び、?「卓越の戦略」を実現するために皆さんはどのような実践(テスト)を行って、?その結果何を得ることができましたか?
今一度、全体像を俯瞰しつつ、具体的にまとめて見てください。

■菅チーム

多能工を目指す意味を考え直し次のステージに行く

 ■森田チーム

3ヶ月に一回はクライアントにご連絡を習慣化

 ■姫井チーム

初参加の際にコミットした木工教室を実践

相手の気持ちになって話をしている

 ■春山チーム

コミニュケーションによる視野を広げる

売上アップ

おまけ・・・今日のQ&A
Q.住宅内部の電気配線から電磁波が出るということですが、照明を点灯させると発生するのでしょうか?
    
A.いいえ、照明のON・OFF問わず常に発生しています。
 
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします) 
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa個人アカウント
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3129