医師が住環境についてアドバイスする時代の幕開け

*テツヒサ情報局 2018年10月28日(日) 晴れ
紅葉狩りの季節
気が付けば10月最後の週末!?雲一つない秋晴となった今日は紅葉狩りに出かけた方も多いのではないでしょうか。今年は紅葉が遅いと言われているのでしばらく楽しめるはずですから子供たちを連れて行きたいと思います。
大詰め
今日は朝からクリニックの建て替え工事の際に電磁波対策オールアースを導入頂くクライアントに最終のプランとお見積をお待ちして打合せでした。これでおおよそ確定となりますし施工費に関してもそろそろ確定した金額が出てくると思うので後は着工を楽しみに待つのみということでしょうか。完成が楽しみですし、完成後についてもお役に立つことが出来たら幸いです。
クリニックへの導入が増えつつある
今日の打合せの整形外科クリニックの案件とは別件で来月には歯科クリニックの案件も上棟と動き出します。健康的な暮らしを求め昨今は自然に近い環境を求める声の高まっています。シックハウスやヒートショック問題は住環境が直接、間接的に身体への影響を示唆していますから今後は更に健康的な住まいの需要が増えてくることは間違いないはずです。
医師が住環境をアドバイスする時代の幕開け
先端医療、良質な食事や食事療法、サプリメント、テレビを付ければ医療特番が頻繁に放送されてますが医療費は右肩上がりで、世界では減少している大病も日本では2人に1人がかかっていまうという現状。患者の住環境を医師がアドバイスする時代の幕が開いて来ました。患者の生活環境を把握して改善策を提案する医師が少しずつ増えて出来ていることからも治療を超えた何かが模索されていることがわかります。
影響力
私たちよりも患者への影響力の強い医師という立場から身体に負荷を掛けにくい住環境の重要性を伝えて頂けるスムーズに伝わると思います。来月からスタートするクリニックの案件は、既に電磁波対策オールアースをはじめ健康的な建物で生活されている医師が経営するクリニックですから尚更患者の皆様に伝わると思いますので住空間の大切さを伝えて頂きたいと思います。
*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3217

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です