食洗器の位置

*テツヒサ情報局 2018年10月29日(月) くもりのち晴れ
独り占め
週明けの月曜日は早朝からzoomという通信アプリで30分程度の会議からスタートです。今日は朝一で京都の現場にてアポイントがあるので途中までの参加。子供たちは先週土曜日のイベントの代休でのんびりモード。というより上2人は実家へお泊りに行っているので息子だけ居残り。ママを独り占め出来る珍しい時間を楽しんでいたと思います。週明けは道路事情が読めないので早めに出発しましたが案の定現場到着時間は約束ギリギリ。間に合うのか?というストレスが嫌いで出来るだけ電車移動を選択するようにしていますが現場へ向かう際はどうしても車での移動が増えてしまいます。大阪ではAiによるタクシーの配車サービスがスタートしたと聞きました。更に自動運転が実用化するにもあと少し。待ち遠しい限りです。
オールアース住宅@竣工検査
お引越しを目前に控え急ピッチで外構工事が進む現場でお施主様にお立会い頂いての竣工検査。オールアース工法の施工個所が最終的にキチンと機能を果たして建物から発生する電磁波を抑制出来ているのかをチェックします。寝室、子供室という重要居室を中心に今回は2FのLDKも長い間寛ぐスペースであることからも施工を行いました。

 

施工個所
施工個所

 

竣工検査の結果は問題なく施工個所についてはしっかりと電磁波を抑制出来ていましたので安心して頂けたと思います。施工していない箇所に関しては施工個所との違いを確認しいて頂きながら異なる数値についてのご説明やキッチン周辺では食洗器の位置についてお話しをしました。

 

非施工個所
非施工個所

 

食洗器の位置と対策
今回のキッチンはリンナイ社製のシステムキッチンが導入されていました。そこで一番目を引いたのは食洗器の設置位置です。一般的に食洗器はシステムキッチンの中央部、調理台の下部に収められていることが大半です。しかし、本日目にした食洗器は流し台の下部に位置するタイプ。調理台の下部に位置するタイプは調理中に下腹部に接近することが問題と考えているため流し台の下の方が不可が少ないと考えています。

 

IMG_4131
食洗器はのブレーカーはきっておく
ビルトインタイプの食洗器はアースあ接続されている訳ですが、電源がOFFにもかかわらずアースでは除去できない低周波磁場(磁界)が発生しています。分電盤の食洗器専用ブレーカーをOFFにする以外は対策が難しいので調理中は面倒でもブレーカーを切っておかれるべきと考えます。調理中以外に食洗器は使用するようにお勧めします。そして、今後システムキッチンを購入される場合は食洗器の位置を確認してみて下さい。特に小さなお子様がいらっしゃるご家庭、そして食育に力を入れてお子様をキッチンに立たせることの多いご家庭の方には是非食洗器の対策を行って頂きたいと思います。

 

 

*住環境のご相談はこちら (子供部屋環境を中心にコンサルティングします)
 http://denz.co.jp   (Webサイト)
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3218

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です