ポートボール大会で学ぶ信頼について

*テツヒサ情報局 2018年11月17日(土) 曇りのち晴れ
■儀式
昨夜も何かと遅くなり帰宅するとみんな寝静まってました。
そんな日は帰宅後まずは寝室へ。
子供たちの寝顔を見ながら安らぎのひと時を過ごします。
どんな1日だったのか…
楽しかっただろうか…
どんな夢を見てるのか…
子供たちの就寝前に帰宅できない時の儀式みたいなもんです。
■ポートボール大会
今日は随分前から予定に入れていた家族の時間。
重たい体にムチを打ち早起きです。
長女のポートボール大会の観戦!
メンバー入りして他校の精鋭チームとの対決!
妹も弟も応援に熱が入ってました。
観戦すると一気に小学生時代に記憶が戻りました。
校庭でポートボールをプレーしている映像がフラッシュバック!
子供たちと同じことをやった経験があるのは嬉しいものです。
他校の生徒との交流は高学年にして初の経験だったと思います。
長女にとっても大人への階段を一歩登った日となったはずです。
ポートボールとは:
バスケットボールに似た球技でバスケットゴールの代わりにゴールマンが台の上に立ち素手でボールをキャッチする。その台の下にゴールを阻止するためにジャンプしてボールの行方を阻むガードマン(敵チーム)がいる。大阪府堺市発祥のこの球技は主に小学校の体育の授業や子供会の活動として行われるらしい。
410B6665-EDDD-4D02-A569-DB4E5A5AB46D
■信頼について
今時の教育の考え方なのか試合結果、順位は発表されまさん。
賛否あると思いますがそれは置いておいて、
閉会式の際に会場となった仁川学院小学校長のが信頼についてお話されました。
ポートボール大会を通じて信頼について学びを得たはじだと。
攻撃、守備、シュート、パス、走る、止まる。
全ては相手の信頼が無ければ成り立たない!
スポーツ、ビジネス、etc…
サッカーで例えると、パスを沢山受けてゴールを決めるストライカー。
ポジショニングがいいから偶然ボールが集まり得点にからめているのか!?
強引にPKのキッカーをもぎ取ってるのか!?
誰よりも走り回り、
誰よりも相手を考えパスを出しやすいようにしている、
挙げればキリがないと思いますが、
日常や練習で信頼を得られるように努力しているから。
校長先生の話を聞いてスッと腹落ちした次第です。
当たり前のことだけど、当たり前のアクションを継続することは難しい。
年齢は関係ない、
小学生からでもどんどん吸収して共に成長したい!
素直な心で毎日を過ごせますように!
今日もクライアントから新しいお客様をご紹介頂くことが出来ました。
まずは、素直にありがとう!
7E3B7458-90DD-4225-B7C4-1890502368B4
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3237