胎児、乳児、小児のことを考えて電磁波と上手に付合う

*テツヒサ情報局 2018年11月18日(日) 晴れ

 

そうだ、京都へ行こう!

 

IMG_4420

 

紅葉が見頃になって来た関西地方で特に人気スポットと言えば京都。
年中外国人観光客が訪れまた、お彼岸やお盆のお墓参りなどで賑わう京都。
今の時期はもみじ狩りを楽しむ方で大賑わい。
大阪梅田発京都河原町行きの電車、
そうだ、京都へ行こう!と考えた人達で満員電車でした。
バックパックを背負ったハイカーも多く目に付きました。
私はビジネスバッグと相棒の測定器やら詰め込んだキャリーケースを持ち、
様々なスタイルの人が入り乱れる日曜日の電車は何故か昔から好きで、
私は終点ではなく大宮駅までの車内で風景を楽しみました。

 

電磁波測定士1級資格取得講座@京都

 

京都に向かった理由は電磁波測定士資格取得講座のため。
なんと財布を忘れるハプニングに見舞われました。
会場費は改めてお届けすることになりました。申し訳ない。
それにしてもICカードのICOKAのお蔭でなんとか帰路に付きました。
しかし、ICOKAのお蔭で財布に気が付かないとなると物事は表裏一体だと思います。
今日は前回に引き続いて長崎県からはるばる受講頂いた方と様々な話をしました。
今後も何度か通って勉強に来ていただくとの言葉が嬉しく講座を通してのご縁にも感謝します。
医学博士で産婦人科医であることから胎児や乳児に与える影響を意識してのこと。
今後は患者の電磁環境を測定して臨床データを蓄積したいと仰っていました。

 

お土産で頂いたカステラ
お土産で頂いたカステラ

 

理解する(知っている)医師が少なすぎる

 

電磁波による健康障害などについては膨大な研究報告がありますが
世界中がほとんど無視しています。
と仰るのは電磁波過敏専門医の宮田幹夫先生。
それでも日本は世界から40年は後れを取っていると言われています。
最も無視をしている国の一つだと思われます。
宮田先生曰く、電磁波は細胞分裂が盛んなところほど影響を及ぼします。
一番盛んなのは、睾丸と、妊娠初期の胎児の細胞です。
ですから、精子が減少して不妊になる恐れがあります。
母親が携帯電話を使用していると、生まれてくる子どもに発達障害が2倍多いとの報告があります。
 私が思うに日本人は赤信号みんなで渡れば怖くない。
そんな周りと同調する性質が強い国民性のように感じます。
胎児への影響について研究報告があるのなら少なくとも避けるといった
簡単に出来ることはすべきではないかと思います。
本日受講頂いた産婦人科医の先生のご活躍を切に願います。

 

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3239