お子様も発症

*テツヒサ情報局 2018年11月21日(水) 晴れ時々曇り

 

天気予報的中〜!
10℃を切る寒い朝!
マフラー 巻いていざ出発。
始発の電車は寒いですね。
暖房ついてない。
ほとんど誰も乗ってないから仕方ないと言うことですかね。
子供たちは寒くても元気に出かけて行く!
晴れの日も曇りの日も雨の日も。
いつから変わったのか。
そんなことを考えながら神戸からスタート。
40を前にしても初めての体験はあるもので。
色々と学びを深めるチャンス!
子供たちの姿に勇気をもらい過ごしました。
今日も朝から意欲的に会議や商談を行い、
だったらあの方を紹介しようと話が進みます。
このところこのような機会が加速していると感じます。
化学物質過敏、電磁波過敏
クライアントからリフォームのご相談。
化学物質過敏症と電磁波過敏の方です。
2つは併発することが多いことは知られている事実です。
その様な症状をお持ちの方がリフォームを行うには、
ハードルがあります。
これまで沢山の事例を見て来ました。
資材を選び工事をスタートさせる。
しかし途中で工事が進まない。
工事の途中で体が反応してしまうからです。
その反応した資材は使用することが出来ない。
また資材選びに戻る。
施工側にも知識と経験が必要となります。

 

column_illust01
症状の変化
今回のご相談は扉の取り付け。
子供部屋に扉を設けたいという内容。
部屋の中に入る化学物質が侵入するのを防ぎたい。
症状の変化や反応する物質の変化があり、
家族の持ち物の香り物質に反応してしまう。
香りの侵入を防ぐための工事が逆効果にならないよう進めないと。
お子様も発症
詳細を伺うとお子様も発祥されたと判明!?
奥様だけでなくお子様も化学物質過敏と電磁波過敏を併発!?
これは初めてのケースでした。
従って工事を行うタイミングで電磁波対策もお願いしたいとのこと。
小人が発祥と聞いてかなりらショックを受けました!
電磁波だらけの社会生活の中で成長する現代の子供たち。
幼い頃に発症して付き合っていくことを考えれば辛いです。
もっと私達が予防を普及しなけれぼと強く思った日でした。

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3241