最強寒波だよー!体の内部から冬対応が望ましい!?

*テツヒサ情報局 2018年12月28日(金) 晴れ時々雪

 

IMG_4851
最強寒波到
 
天気予報通り最強寒波到来。
朝から時折雪が舞う寒い一日でした。
年末の空気が澄んだ景色と気温の低下で凛とした雰囲気が気持ちがいい。
昨夜到着した帰省先の福山の地だからなのかも。
明日は帰省ラッシュも寒さもピークなんだとか。
天候の急変なんかもあるやもしれませんので皆様お気を付けて!
 
 
 
いつでも大歓迎!
 
現場廻りは昨日で終了したものの、やはり他の仕事はまだまだ終わりまてん。
新築計画に電磁波対策を導入したい。
新たにご相談を頂きました。
お話を伺うと以前にもお仕事をしたことのある建築会社さん。
偶然にもお客様が建築を依頼する工務店さんが、
ほかのクライアントが新築を依頼した会社だったのです。
図面をお送り頂いて電磁波対策のプラン(オールアースプラン)の作成。
プランができて来たらお見積作成。
年末ギリギリでもご相談を頂けることに感謝しながら進めました。
新築やリフォーム計画中の案件でも、現在工事が進行中の案件でも、
年末年始問わずご相談頂ければ対応しますのでお気軽にお問合せ下さい。
電話が繋がらない、メールが当日返信出来ない等レスポンスは通常よりも
落ちる可能性はありますが絶賛お問合せ募集中です。
 
 
寒い時期の留意点
 
最強寒波到来で冷えていますが家庭内での冬の事故、
それも注意が必要です。
ヒートショックと言われる室内外の温度差による死亡事故が増えます。
しかし、血管疾患は日常からの予防が大切です。
日頃の生活習慣や生活環境を整えること、
それが一番ですね。
 
 
家の中で起こっている冬の事故
冬の家庭内での死亡事故は交通事故の死亡者数よりも多い。
ググってみると冬の死亡原因は・・・
①心疾患
心疾患とは心臓で起こる病気の総称。
大部分を占めるのが虚血性心疾患だそうで、心筋へ血液を送る冠動脈の血流が悪くなり心筋が酸素不足・栄養不足陥るものを言い狭心症や心筋梗塞がある。
②脳血管疾患
脳の血管が詰まったり破れるなどをして脳細胞に血液が供給されないことが原因で生じる。
主な種類は脳梗塞・脳出血、クモ膜下出血。
脳卒中とはこれらの脳血管障害が急性に現れたもの。

 

 IMG_4852
原因と理由
冬は寒さの影響で血圧が高くなり、心筋梗塞などの心疾患の危険因子の一つ。
たま、寒暖差などにより引き起こされる血圧の急変動も血管や心臓に負担をかけ、
突然死にも繋がる可能性があるとのこと。
電磁波との関り
この冬場に起こりやすい死亡原因と非常に関係が深いのが「動脈硬化」。
これが狭心症や心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こす原因とされています。
一方電磁波が血流低下や血液ドロドロ、高血圧、動脈硬化を引き起こすと
指摘する医師の言葉と重ね合わせて考えれば、
「冬に起こる病気」・・・「動脈硬化」・・・「電磁波」という繋がりが見えて来ます。
室内の温度差が原因(ヒートショック)ということでその差を少なくする住宅
づくりが推し進められしばらく経過しますが一向に冬の死亡者数は減少するどころか10年前の1.7倍!
他の原因を探ることが必要ではないでしょうか。
住宅内部に溢れかえる電磁波問題に手をつけないまま好転して行く事はありえないと考えています。
予防しておくべきことの大切さと、そして私達が出来る持続可能な社会へのアプローチ方で、2020年には100兆円と試算される医療費の削減にまで貢献出来るはず。
まあ、大きなことを書きましたがヒートショック対策には温度の管理と併せて電磁波対策が必要だと思うところです。
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3277
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です