真の健康経営は住まいにあり!

*テツヒサ情報局 2019年1月4日(金) 晴れ
自分のお正月
ようやく我家で落ち着いて自分の正月がやって来たような気がします。
年末に手をつけられなかった自宅内の気になる掃除、
修理に取り掛かることが出来ました。
正月番組をみたり、一年の計を考えたり、
年間の行事を手帳に書き入れたり。
今年の目標の一つは時間の監理。
自分の時間を確保して健康管理に繋げる。
健康経営
従業員の健康を重視し健康管理を経営課題としてとらえる。
その実践を図ることで住業新野健康維持増進と会社の生産性向上を
目指す経営手法のこと。
食事やメンタル、フィジカルの監理に取組む企業も少なくなく。
規模が大きい会社では今後更に健康経営が加速されるはず。
我々としては自己管理をさらに意識して生産性向上を図らなければ。

 

ダウンロード (8)

 

健康経営とは:
近年、将来的な労働人口の減少を見越した人的生産性の向上が企業の
重要な課題となっていることから、企業の従業員への健康配慮の必要性が
高まりをみせている。 具体的には、メンタル面、フィジカル面の双方の
状態を改善する取組を全社的に行い、従業員の健康増進を図ることで企業
の生産性の向上につなげることを主な目的としている。 
 
 
健康経営と住まい
 
健康維持増進に欠かせないのは住まいだと思う。
国土交通省の住宅局も住宅が健康維持増進に大きく関わると考えている。
健康的に暮らす、健康的に休む。そんな環境が万人に必要だということだろう。
会社にトレーニング設備を準備する、ジムに通う時間を許可する、
食堂ではオーガニックの食事を提供する。
素晴らしい取組みだと思う一方で、日中の疲れやストレスを癒す住まいにも
重要な役割があり、一番重要なファクターであることは間違いない。
社員の睡眠環境を整えることに注目が集まるのに時間はかからないのでは。
真の健康経営は住まいにあり!

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3285