年中行事@お餅つき&書初め

*テツヒサ情報局 2019年1月12日(土) くもり時々晴れ
お餅つき&書初め
公私共にお世話になっている神戸市西区のすみれ建築工房さん。
同社主催の新春イベントが我家の年中行事となって早5・6年。
snsの過去の投稿通知を見ると息子を抱っこ紐で抱えてお餅つきをしています。
彼らが成長するとお餅つきから書初めへと興味は移り今日もお習字の先生に指南して頂きながら各々書道を楽しんでました。

 

6年前の写真
6年前の写真
2019年
2019年

 

リフォーム中なんですが…
今日は中古住宅購入後にリフォーム工事中の案件のご依頼。
工事は進んでいて導入のタイミングとしては間もなくの状態のようです。
来週には現場調査(住宅内部の電磁波調査)に伺い、
直ぐに発注を頂くというタイトな感じです。
兎にも角にもまずは現調をしっかり行いリフォーム前の状態を確認して対策案をご提案させて頂きたいと思います。

 

そんな話をしているとクライアントかりもリフォーム中の案件やこれからリフォーム工事を行う予定のお客様から電磁波対策のご要望が出てるとご相談を頂いたり、同じような内容が重なる不思議な日でした。

 

氷河期の前の準備!?
2030年には3軒に1軒は空き家と言われ、
建築業界は消費増税前の駆け込み需要やオリンピック景気に沸いてますが、その先の消費の冷え込みやマーケットの縮小など氷河期とも表現される時代へと突入していくと言われています。

 

大きな流れでは新築着工棟数が減り既築の建物へのリフォームやリノベーションが増加。我々も電磁波対策を導入する案件はリフォームが増えてくる可能性がありますし、今日の案件も含め勉強しておくべきです。
しかし、電磁波対策のマーケットが拡大していくことで新築への導入数も増加と考えれば世の中の新築やリフォームの割合とはリンクしないのかもしれません。

 

注文住宅だけでなく住宅全体へマーケットの広がりを見せるのも氷河期を前にした準備なのかもしれないと思う今日この頃です。

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3292