電磁波対策を施した歯医者さんの新築工事現場で労働環境を考える

*テツヒサ情報局 2019年2月27日(水) 晴れ
 

 

水曜日は朝活の日。
昨日は職人起業塾でしたので4周目は睡眠不足。
それでも今日も新たな出会いも多く
早朝から大いに盛り上がりました。
朝のミーティングが終了してからも商談が続き
有意義な午前中となりました。
 
 
デンタルクリニックの現場
 
90坪と大きなデンタルクリニック新築工事も佳境に入りました。
受付や待合室、診察室だけでなく、キッズルーム、技工室に
消毒コーナーにも電磁波対策オールアースを導入して頂いています。
壁面は全て漆喰仕上げ。クリニック内の環境に配慮には並々ならぬ
拘りをお持ちのドクターだと思います。
先に新築工事が終わった隣接するドクターのご自宅に仮のクリ
ニックの移転を終えれば本格オープン。移転後は仮に使用していた
スペースを住宅にリフォームする流れでまだまだ完工とは行きま
せんが引き続き電磁波対策を導入頂くので私もまだまだ訪問させて
頂くことになりそうです。

 

IMG_5611
労働環境も見直すべき
 
働き方改革と併せて労働環境改革も必要ではないかと思う。
今日は特にデンタルクリニックの現場に行ったので強く感じるのだろう。
オフィスの環境により皆さんが生き生きと働く、もしくはその逆といっ
たことが起こるはず。超が付くようなお洒落なオフィスや食堂を社内に
置く大手IT企業も気持が高ぶり仕事への取組み方に一役買うだろうし、
我々が提案するような電磁波の影響の少ない環境や今日のデンタルクリ
ニックのように壁の素材に漆喰を塗るなども効果的ではないか。
そもそも全てミックス出来ればなんて欲を張ってしまうのは私だけか。
意欲的に働けば効率も上がるし、健康的な側面も寄与するならば更に
メリットは大きい。離職率なんこも少なくなるかもしれない。
環境を変えてそこまで効果があるかは分からないがポテンシャルはあるはず。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3335

勉強会の一日

*テツヒサ情報局 2019年2月26日(火) 晴れ
 

 

気が付けば子供たちも3学期が終盤に差し掛かり勉強の成果を
発揮するテストが続いている様子。
このところ3人ともに勉強に取組む姿勢が変わり、
息子は特に点数にも反映されて楽しいようです。
しかし、この時期に気を引き締めておいた方がいいことは
昔の自分を思い出せば分かる気がします。
 
 
 
気合の一日
目覚めから気合いを入れて一日をスタートさせました。
今日は勉強会2本。
私がお話をする電磁波の勉強会が12〜18:00。
書記のお手伝いをする職人起業塾が19〜21:30。
前後の移動時間にはアプリを利用した会議。
心地良いを通り越した疲労感に包まれ撃沈。
電磁波の勉強会も色んな角度からご質問やご意見を頂いて
大変勉強になりました。
そして職人起業塾は自分の業界が抱える問題点やミッション
について改めて考えました。何のために仕事に向き合うのか!?
その辺りを片付けて誰にでも口で伝えられるようになれば強みになるはず。
 
 
予言者コトラー
 
コトラー博士はその著書の中でマーケティングの変遷について予言めいた言葉をいくつも書かれています。その中に、21世紀になれば、3.0から4.0へと移行すると言及されており、「マーケティング4.0:自己実現(Self-Actualization)顧客がそのブランドを通して、自己実現できることが重視される時代」だと書かれています。確かに、モノからコトのその先は、生活者の自己実現を叶える「仕事」こそがマーケティングとなる。というのはもっともなコトで、多くのマーケターが、「誰も出来ない業界の問題の解決にこそビジネスチャンスがある。」と言われます。

 

まさにコトラー博士が仰る通りになっているあたりゾクッとします。
 
 
 
 
 

 

 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3334

未来会議@2019

*テツヒサ情報局 2019年2月25日(月) 晴れ

 

 
2月は逃げる。
毎年解っていても同じ感情になる。
子供の頃はそんな風に感じることも無かった。
いつから時の過ぎる速さを感じ出すのか。
旅先への往路と復路のスピードの違いを感じたことがある方は多いと思う。
一度経験したことは短く感じる。
子供の頃は知らない事が多い一方で大人になるに連れ色んな意味で
ルーティーン化することで時の経過が早くなるのでしょうか。
初体験や不慣れなことを生活の中に取り入れといいかもしれませんね。

 

 

先週末は子供たちが相次いで発熱。
全員がインフルエンザの検査は陰性でしたので一安心。巷ではインフルエンザが収束気味ですが今度は麻疹が流行!?などというニュースも入って来ているので引き続き注意が必要となりそうです。
 
 
未来会議@リーガロイヤルホテル
 
今日は大阪のリーガロイヤルホテルに向かいました。
電磁波対策の普及にご協力頂いたり協業しているT社が未来会議でブース出展をしているということで私もブースに詰めていました。
ベンチャー企業であれば皆参加できるものならしたいと言われる未来会議。
スタアトアップ企業を発掘するために国内外から様々な立場の方がお越しになります。
私としても新たにご縁を頂くことも出来ましたし、ベンチャー企業の経営者や投資家達との時間を過ごす事ができて大変勉強になりました!
 
 
知らない世界
 
おっさんになった今でも新しい知らない世界に出会ったり足を踏み入れたりする機会があることはありがたいことで、今日のブースでも超一流企業が主催したり協賛する高級ホテルでの商談は初体験でした。先述した不慣れな出来事を生活の中に取り入れることをまさに体験した有意義な時間だったと思います。
 

 

 

 
 
 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3333

次女とタブレット

*テツヒサ情報局 2019年2月24日(日) 晴れ
 
 
9回目の誕生日@次女
 
9年前の今日は寒さが厳しい一日だったと記憶しています。
9年前のこの日の天候を未だに憶えているのは次女が
誕生した日であるからです。
2500gを切る小さな体から小さな泣き声を上げた女の子を
腕に抱えた手の感覚が残っています。
そんな彼女もお陰様で元気に成長して9歳になりました。
2歳上の姉と2歳下の弟に挟まれ個性豊かに成長している姿は
本人も将来幸せと感じることだと思います。

 

IMG_1266
タブレットと次女
 
我家に当時話題になったタブレットがやって来たのは次女が2歳のころ。
息子が生まれた頃でもあり長女は生活の場を幼稚園に移し手が足りない
という子育ての状況の中、タブレットが活躍していたようです。
目の周辺だけが乾燥してアトピー性皮膚炎のようになり日に日に症状が
悪化して行きました。この子はアレルギー体質なのかな?と考える日々。
なぜ顔だけが?という疑問も抱きながら、ある日気が付きます。
 
 
タブレット禁止
 
次女はタブレットで動画を観ていました。
よくやりがちな、
良い子にしているので次女に手が回らない時にタブレットを使う。
目を離している間に画面に近付くことも多かったと思います。
そこに気付いてからタブレット禁止。
するとどうでしょう。
日に日に顔の皮膚の状態が良くなって行き、やっぱりな!と確信しました。

 

ダウンロード (25)
申し訳ない気持ち
 
電磁波が子供に及ぼす影響を軽減したいと改めて強く感じた瞬間だったと
記憶していますし現在の活動の元となった出来事でした。
建物から発生して居室内に帯電を起こしている電磁波問題だけだなく、
タブレットやwifiというこれから建物同様に増えるであろうそれら電波の
発生源に対しても意識しておけばと次女に対して申し訳ない気持ちが
今でも残っています。
 
 
ドライスキンや冷え性
 
彼女は乾燥肌であったり指先の皮膚が薄くめくらたり、皮膚科を診察すると
アレルギーかもねー?と医師に言われています。
成長期の大切な時期に急激に電磁環境が変化したことが一因ではないかとも
思っています。
皮膚の保湿機能が低下してドライスキンになったり、
血流が低下して末端に血液を運べなくなる。
そんなことも関連している可能性が高い。
過去は仕方がないので今から出来ることをしてあげたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3332

絶賛募集中

*テツヒサ情報局 2019年2月23日(土) 晴れ

 

昨日出張先に入った一本の電話。
息子が高い熱を出しているとの連絡。
インフルか!?
このところ我家も発熱(インフル)に対して過剰反応気味
なので冷静に対応。
診断を仰ぎに掛かり付け医で診てもらったら
インフルでは無いとのこと。
今朝は熱も下がりました。
お腹が痛いと胃腸風邪の様子。
物を食べるとお腹が痛い、少しゆるい弁が続くあれです。
夜になると次女が発熱。
夜中は何度もトイレに駆け込む状態で彼女も胃腸風邪。
立春が過ぎて今日は春一番を思わせる強風も吹き本格的に
春に近付いて来ていますがもう少し風邪や体調不良には
注意する時期が続きそうです。
というわけで昨日に引き続き予定していた出張はずらしました。
先週からのスケジュールもハードだったので
休めということだったことと理解しました。
施工について
そんな状況を察知されたのか今日は沢山のご質問が飛び込む日。
まずは施工編。
先日納品した現場からの質問で壁面のみの施工は床面から
立ち上げて貼れば良いのか?折り込むのか?という内容。
床面と壁面両方に施工する場合は重ね部分を作る必要があるので
床に施工したシートを壁面に立ち上げる。
現場から施工についての確認が入るのは嬉しいこと。
正しく施工しようという意思が感じられる。

 

IMG_8246
 
実現できる環境について
 
建物内部を縦横無尽に走る電気配線。
年々量が増加していると言えるその電線は
このブログでは言わずと知れた電磁波発生源。
そこから発生した電磁波(家電と同じ種類の電磁波)
を抑制するためにオールアース工法を導入する。
抑制するに辺り日本電磁波協会が定めるガイドライン値を
下回ることを目標にしている。
ガイドライン値は25v/m以下である。
問合せ内容はガイドラインを下回る数値を実現できるのか
ということではなく0(ゼロ)v/mに出来るのかという内容。
ハッキリ言って0にすることは出来ません。
数値については様々な条件によって異なりますので
現場によって違いが出て来ます。
これも正しい施工が行われてこそですから
施工についてのご質問は大歓迎ということになるのです。
何れにしても色んなお問合せを頂くことは嬉しいこと。
どしどしお待ちしております。

 

IMG_6659
 
 

 

 

 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3332

ピースの日@豊岡

*テツヒサ情報局 2019年2月22日(金) 晴れ
 
 
ピースの日
ダウンロード (2)

 

今日は2が並ぶ2月22日。
ピースの日と勝手に呼んでます。
時間が合わず一緒に家を出るのは久しぶり。
息子と手を繋いで出発。
昨春入学して次の春が来たら2年生。
成長著しい反面、手を繋ぎ喜んで登校する
姿を見ているとまだまだ幼さも残り可愛いものです。
私は駅のホームで電車を待ちながら歩いている息子を見送りました。
 
 
思い出の地へ
 
昔幼い頃に父に連れられよく訪れた豊岡市出石町。
蕎麦通に知られる「出石そば」の町。
町は伝統的建造物群保存地区に認定され歴史情緒の溢れています。
住宅に関しても外観は補助が出るそうで市の指定業者の中から
建築施工会社を選定するという聞きなれない方法なんだとか。
「たくみや」さんで出石そばを頂き懐かしい記憶が蘇って来ました。
 
 
豊岡市巡りを満喫
 
出石の町を散策した後は「コウノトリの郷」へ。
兵庫県の県鳥であるコウノトリ。
兵庫県民とは言え実物を見るのは初めて。
天然記念物として指定されて保護と増殖、そして野生化することを
目的に兵庫県が整備した施設。
放鳥されているので空を見上げれば目視出来ますし、
巣塔を見れば卵を温める母鳥を観察することも出来ます。
豊岡巡りを堪能しましたが目的は観光ではありません。

 

IMG_5597
ご紹介の輪
出石出身の朝活仲間のT氏がご自身のお客様である建設会社の
経営者をご紹介下さるということで伺いました。
ご紹介頂くだけでなく終日アテンドして頂きました。
更に私のプレゼンを一緒に聞いて頂くことでT氏ご自身も
面白いないようであると感じて頂き「広めたい」と言って
頂けたことは今後の紹介の和の広がりにも繋がると思います。
そして貴重なアドバイスも頂くことが出来たことも有り難かった
です。

 

IMG_5592

 

また、お伺いさせて頂き電磁波の話に興味を持ち真摯に
聞いて下さった建設会社経営社の方にも感謝しております。
次回は測定による見える化で更に理解を深めて頂ければと
思います。
本日頂いたご縁を大切に私がお役に立てるようにと考えて
おりますので引き続き宜しくお願い致します。

 

本当に今日はピースの日になりました。

 

images (15)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3331

再オファー

*テツヒサ情報局 2019年2月21日(木) 晴れ
再びオファー
 
先日セミナーを主催して下さったHさんから再オファー。
先日は女性建築士の方々に向けてでしたが、今回はママさんグループ。
再びオファーを頂くのは大変嬉しいですし、
自らの身近にいる大切な方々に伝えたいと
思って頂けることにとても感謝しています。
 
 
向き合う姿勢
 
Hさんの呼び掛けに対して集まって下さる
電磁波が及ぼす子供たちへの影響に対して意識の高い方だと思います。
既に対策方法が知りたいとのお声も頂いており関心度の高さを感じるとともに、
影響があることを認識した上で何が出来るのかと前向きに電磁波と向き合う姿勢を感じます。
 
 
初めての世代
 
生まれた時から電磁波と生きて行く初めての世代。
現代の子供といえば我々と大きく違い電磁波と共に生きて行く、生きて行かなければならない世代。
電磁波を発生させる機器は利便性が高く多大なメリットがある一方で有害な電磁波の量も増加の一途です。
世界を見渡せば子供と電磁波とは距離を取るというか離すべき対象として捉えられていますか、日本は違う方向性。

 

images (14)
どう考えても予防すべき
 
私たちが体験したことの無い海外では有害と認識されている電磁波と生まれた時から身近に付き合う現代の子供たちにはどう考えても予防しておくべきではないかと思うのです。
この私の想いが伝わる方々増加中ですし、今回再オファーを頂き実現するママさんたちとのセミナーでも熱くお伝え出来ればと思います。

 

01_2
諦めない
 
不安はあるけど電磁波だらけの社会で電磁波を対策するのは難しい。
さらにコストの捻出が気掛かり。
だから何も出来ないと諦めモードの方も少なくありません。
誰にでも簡単にコストもかからない予防や対策があります。
だからまずは諦めないことが大切です。
一緒に考えていきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3330

アレルギーの日に考える住環境について

*テツヒサ情報局 2019年2月20日(水) 晴れ
アレルギーの日
今日2/20日はアレルギーの日。
今週はアレルギー週間と位置づけられているのでブログでも
アレルギーの話が続いています。
今日は住まいが原因のアレルギー「シックハウス」について。
シックハウスとは
住宅の中の有害化学物質、カビ、ダニ、ホコリ等によって
発症するシックハウス症候群のこと。
医学的に確立した単 一の疾患ではなく、
居住に由来する様々な健 康障害の総称を意味する用語。
例えば新築の家に入った時に強い薬品のにおいを感じる。
このような経験は私にもあります。
住宅展示場やモデルハウスでも何度も体験しました。
あの刺激臭を嗅ぐだけで目がチカチカしたり、
頭痛の原因になることもあるようです。
ひどくなるとシックハウス症候群と呼ばれる
健康障害になってしまいます。

 

ダウンロード (24)
発症のキッカケ
 
発症のきっかけは、新築の家への転居、リフォーム後が
約9割とのことです。
つまりは、住宅に使われる建材や接着剤が直接の原因で
あることがほとんどと言えるでしょう。
建材だけではありません。塗料の溶剤や防腐剤、などにも
含まれるホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等も挙げられます。
建材などの接着剤は揮発しにくく、影響が数年にわたることも問題です。
また、殺虫剤や防虫剤、芳香剤の化学物質も、自然換気が難しい現在の
住宅では家の中に蓄積され身体に影響を及ぼす原因となっているようです。
シックハウスの黒幕
 
シックハウスもアレルギーや花粉症と同じように、
私たちの許容量を越えると、一気に発症するといわれています。
安全な家は、自分たちで考えないと手に入らない時代です。
ここまではご存知の方も多いと思いますが、
シックハウスの黒幕はご存知ですか?

 

ダウンロード (9)

 

住まいの中を発生源にする電磁波なんです。
家電製品はもちろんのこと、床や壁の内部を縦横無尽にはしる
「屋内配線」が電磁波を発生させています。
屋内配線から発生した電磁波が床や壁に伝播して帯電。
人間の身体へと伝わります。
無色透明である電磁波がシックハウスの黒幕と言われています。
アレルギーの日に改めて住まいとアレルギーについて考えてみる
のはいかがでしょうか。

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3329

ホコリを吸い寄せたくないあなたへ

*テツヒサ情報局 2019年2月19日(火) 晴れ
引き続きアレルギー週間中
アレルギー週間とはアレルギーの日(2/20)の前後のこと。
アレルギーとは:
①ある物質の摂取・接触などの結果起こる、その物質に対する異常な免疫反応。即時型過敏症。
②比喩的に、特定の人・物事に対して示す、過度に敏感な拒絶反応。

 

日本人の2人に1人がアレルギーを持っていると
いわれていますが私も少なからず持っています。
一方で食生活や住環境の改善で自分で花粉症を
克服した経験もあります。
私達が対象としている電磁波もまたアレルギー
と関係があると言われている一つ。
電磁波過敏だ!
電磁波の発生源に直接的間接的に触れることで
体調不良に陥ったりする症状。
自覚は無くとも昨日のブログでも書いた血流の
低下や結果として起こる肩こり、冷えなどもアレルギー
症状と言えるのかもしれない。
これは直接的に作用する。
間接的に作用する
直接的な影響と併せて間接的影響が考えられる。
これは電磁波が体に帯電していると埃を引き寄せる、
皮膚のバリア機能を低下させ化学物質などの体内への
侵入を許すなど、電磁波による二次的影響とも呼べる。
喘息の人に立っては空気中のホコリやホコリに潜むダニ
の死骸やフンを引き寄せ吸い込むことで症状の悪化が
考えられ、花粉症の人にとっては花粉を引き寄せる。
掃除などのアレルゲンを減らすことも重要だが
アレルゲンを引き寄せないことを考えるのも
同じぐらい重要だと言えるのではないでしょうか。
間接的とはいえなかなかの問題のように思える。

 

images (13)
ホコリ対策は除電!?
ホコリは静電気に集まる。
この静電気の発生は空気の摩擦も原因の一つと言われますが
電磁波が帯電することも原因の一つ。
住宅内部を発生源とする電磁波が増加している現代の住まい
ではホコリが喜ぶ環境になっている。
このことを考えるだけでもアレルギー対策が電磁波と
関係が深いことが理解できる。
建物から発生する電磁波の対策を行うことで併せて除電
効果を期待できので日本の住まいの電磁波環境も世界基準に
なればアレルギーの発生も少なくなるのではないかとつくづく
思うのである。AW

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3328

衝撃の動画から考える低体温について

*テツヒサ情報局 2019年2月18日(月) 晴れ

 

週明けの月曜日。
先週末は広島県福山市にて講座。
曜日感覚はどこかに行ってしまいそうです。
子供たちも一緒に里帰りをしたので長距離
移動だったので疲れが溜まっていると思い
学校を休んで体を休めてもいいと伝えると
登校したいと3人共が口を揃えました。
私が小学生時代だったら喜んで休んでいたはず。。
帯電障害による血流の低下
 
本日クライアントから動画が送られて来ました。
そのタイトルが衝撃的で食い入るように見ました。
「ガンは5年以内に日本から消える!」の著者の
宗像久男先生がワールドフォーラムでお話をされ
ている動画です。

 

ダウンロード (23)

 

興味がある方は動画を探して頂ければと思いますが
その中でやはり低体温が問題なんだということが
出て来ます。
先日の講座の受講者が体が熱を発するには体内の
ミトコンドリアが放熱しなければならず、
体温が36.5℃を下回るとそれが放熱しないとの
話を聞かせて頂きました。
宗像先生も動画の中で細胞が熱を作れないと免疫
細胞も元気がないとコメントされていました。
これは「血流は静電気デトックスでよみがえる」の
著者であり電磁波測定士の産婦人科医西谷ドクターも
静電気や電磁波の帯電による頑固な冷えに対して
警鐘を鳴らしています。

 

ダウンロード (22)

 

さらに、血流の低下や頑固な冷えが帯電障害から
来ているともしさせれています。
健康雑誌や美容雑誌にアーシングが次に来る健康法として
紹介されていることも理解できるような気がします。
多くの方にとって他人事ではない体の冷えに対して
何かお役に立てるような気がしてきました。
衝撃の動画でしたが。

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3327