電磁波を知ると健康笑顔になれそうよ@セミナーmiracolo

*テツヒサ情報局 2019年2月11日(月) 雪のち曇り

 

何やらインフルエンザに感染した!と身近な所から聞こえてくる。
まだまだ収束とはいかないのかな。
ワクチン接種率が高くなっているにも拘わらず毎年うんざり。
そこで再度インフルエンザと発熱について調べてみた。
専門かは:
インフルエンザや風邪のウイルスに感染すると人は熱を出しますが、
その仕組みを横浜相原病院(神奈川県横浜市)の吉田勝明院長が解説してくれました。
 
「ごく簡単に言うと、人の体にウイルスが侵入すると、
白血球などの免疫細胞が異物であるウイルスを取り囲んで
戦いが始まります。すると体内でさまざまな物質がつくられ、
そのうちの1つが脳内の体温調節中枢に働きかけます。
そして体温中枢が発熱シグナルを全身の体温調節器官に送り、
発熱を促進したり放熱を抑えたりするのです。
 
 具体的には、皮膚の下や内臓の回りにある発熱機能を持つ細胞(褐色脂肪細胞)の
発熱が促進され、全身の骨格筋を震わせて熱をつくります。
悪寒を感じて体がガタガタ震えるのがそれです。
一方で血管を収縮させて体表を流れる血流量を減少させたり、
汗腺を閉じることで放熱を抑えます。こうして体温が上昇するのです。
高熱は体内の免疫機構とウイルスが激しく戦っている証拠なのです」
熱は下げたほうがいいの?
 風邪やインフルエンザで発熱する理由は、
ウイルスと闘うには体温を上昇させたほうが有利だからと考えられています。
 
 「インフルエンザウイルスは低温のほうが増殖しやすいことが知られていますが、
体温を上げることで増殖が抑制されます。
また、ウイルスと闘う白血球やマクロファージは体温が上昇すると
働きが活発になり、免疫機能が高まるのです。
 
 高熱でうわ言をいうなど意識障害を起こすようなら解熱剤で体温を下げる
必要がありますが、意識がしっかりしているなら高熱でも解熱剤を使うべき
ではないと考えられています。
 
 解熱剤を使わなくても、免疫活性食細胞がウイルスを封じ込めると
熱は自然に下がっていきます。熱は健康状態を測るバロメーターの役割も果たしているのです」
雪~
目覚めると雪景色!
げ~!?今日は寝屋川市までセミナーに行く日。
スノーブーツと雪対策をして出掛けるのか!?
そんなことを脳裏に浮かべながら布団から抜け出しました。
電磁波のことを知ると健康笑顔になれそうよ@miracolo
IMG_5548

 

今日は大阪府寝屋川市へ。
こだわりの食を提供するsweets cafe & Bar  mirakoloさんにてセミナー。
「電磁波のことを知ると健康笑顔になれそうよ」と題してセミナーを
開催して下さいました。
以前セミナー参加して下さったオーナーがご自分のお店でもと
イベントを企画して下さいました。
少人数で有意義な時間となりましたし、
質問が多数飛び出して盛り上がりました。

IMG_5550

 

miracoloさんに伺ってとても感動しました。
「楽しく、美味しく食べて健康笑顔☀「五方よし」の暮らし」
を提案されています。
持続可能な社会に向けて次世代に繋いでいくというコンセプトは
共感するところですし無理なく楽しく実践されている
オーナーご夫妻が年下ではありますが素敵でした。
次回はゆっくりと食事を楽しみに伺いたいと思います。
miracoloさん、ありがとうございました。

 

miracoloさんのアドレスはこちら→https://miracolo-1028.jimdo.com/

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3320