アレルギーの日に考える住環境について

*テツヒサ情報局 2019年2月20日(水) 晴れ
アレルギーの日
今日2/20日はアレルギーの日。
今週はアレルギー週間と位置づけられているのでブログでも
アレルギーの話が続いています。
今日は住まいが原因のアレルギー「シックハウス」について。
シックハウスとは
住宅の中の有害化学物質、カビ、ダニ、ホコリ等によって
発症するシックハウス症候群のこと。
医学的に確立した単 一の疾患ではなく、
居住に由来する様々な健 康障害の総称を意味する用語。
例えば新築の家に入った時に強い薬品のにおいを感じる。
このような経験は私にもあります。
住宅展示場やモデルハウスでも何度も体験しました。
あの刺激臭を嗅ぐだけで目がチカチカしたり、
頭痛の原因になることもあるようです。
ひどくなるとシックハウス症候群と呼ばれる
健康障害になってしまいます。

 

ダウンロード (24)
発症のキッカケ
 
発症のきっかけは、新築の家への転居、リフォーム後が
約9割とのことです。
つまりは、住宅に使われる建材や接着剤が直接の原因で
あることがほとんどと言えるでしょう。
建材だけではありません。塗料の溶剤や防腐剤、などにも
含まれるホルムアルデヒド、トルエン、キシレン等も挙げられます。
建材などの接着剤は揮発しにくく、影響が数年にわたることも問題です。
また、殺虫剤や防虫剤、芳香剤の化学物質も、自然換気が難しい現在の
住宅では家の中に蓄積され身体に影響を及ぼす原因となっているようです。
シックハウスの黒幕
 
シックハウスもアレルギーや花粉症と同じように、
私たちの許容量を越えると、一気に発症するといわれています。
安全な家は、自分たちで考えないと手に入らない時代です。
ここまではご存知の方も多いと思いますが、
シックハウスの黒幕はご存知ですか?

 

ダウンロード (9)

 

住まいの中を発生源にする電磁波なんです。
家電製品はもちろんのこと、床や壁の内部を縦横無尽にはしる
「屋内配線」が電磁波を発生させています。
屋内配線から発生した電磁波が床や壁に伝播して帯電。
人間の身体へと伝わります。
無色透明である電磁波がシックハウスの黒幕と言われています。
アレルギーの日に改めて住まいとアレルギーについて考えてみる
のはいかがでしょうか。

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3329