再オファー

*テツヒサ情報局 2019年2月21日(木) 晴れ
再びオファー
 
先日セミナーを主催して下さったHさんから再オファー。
先日は女性建築士の方々に向けてでしたが、今回はママさんグループ。
再びオファーを頂くのは大変嬉しいですし、
自らの身近にいる大切な方々に伝えたいと
思って頂けることにとても感謝しています。
 
 
向き合う姿勢
 
Hさんの呼び掛けに対して集まって下さる
電磁波が及ぼす子供たちへの影響に対して意識の高い方だと思います。
既に対策方法が知りたいとのお声も頂いており関心度の高さを感じるとともに、
影響があることを認識した上で何が出来るのかと前向きに電磁波と向き合う姿勢を感じます。
 
 
初めての世代
 
生まれた時から電磁波と生きて行く初めての世代。
現代の子供といえば我々と大きく違い電磁波と共に生きて行く、生きて行かなければならない世代。
電磁波を発生させる機器は利便性が高く多大なメリットがある一方で有害な電磁波の量も増加の一途です。
世界を見渡せば子供と電磁波とは距離を取るというか離すべき対象として捉えられていますか、日本は違う方向性。

 

images (14)
どう考えても予防すべき
 
私たちが体験したことの無い海外では有害と認識されている電磁波と生まれた時から身近に付き合う現代の子供たちにはどう考えても予防しておくべきではないかと思うのです。
この私の想いが伝わる方々増加中ですし、今回再オファーを頂き実現するママさんたちとのセミナーでも熱くお伝え出来ればと思います。

 

01_2
諦めない
 
不安はあるけど電磁波だらけの社会で電磁波を対策するのは難しい。
さらにコストの捻出が気掛かり。
だから何も出来ないと諦めモードの方も少なくありません。
誰にでも簡単にコストもかからない予防や対策があります。
だからまずは諦めないことが大切です。
一緒に考えていきましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3330