次女とタブレット

*テツヒサ情報局 2019年2月24日(日) 晴れ
 
 
9回目の誕生日@次女
 
9年前の今日は寒さが厳しい一日だったと記憶しています。
9年前のこの日の天候を未だに憶えているのは次女が
誕生した日であるからです。
2500gを切る小さな体から小さな泣き声を上げた女の子を
腕に抱えた手の感覚が残っています。
そんな彼女もお陰様で元気に成長して9歳になりました。
2歳上の姉と2歳下の弟に挟まれ個性豊かに成長している姿は
本人も将来幸せと感じることだと思います。

 

IMG_1266
タブレットと次女
 
我家に当時話題になったタブレットがやって来たのは次女が2歳のころ。
息子が生まれた頃でもあり長女は生活の場を幼稚園に移し手が足りない
という子育ての状況の中、タブレットが活躍していたようです。
目の周辺だけが乾燥してアトピー性皮膚炎のようになり日に日に症状が
悪化して行きました。この子はアレルギー体質なのかな?と考える日々。
なぜ顔だけが?という疑問も抱きながら、ある日気が付きます。
 
 
タブレット禁止
 
次女はタブレットで動画を観ていました。
よくやりがちな、
良い子にしているので次女に手が回らない時にタブレットを使う。
目を離している間に画面に近付くことも多かったと思います。
そこに気付いてからタブレット禁止。
するとどうでしょう。
日に日に顔の皮膚の状態が良くなって行き、やっぱりな!と確信しました。

 

ダウンロード (25)
申し訳ない気持ち
 
電磁波が子供に及ぼす影響を軽減したいと改めて強く感じた瞬間だったと
記憶していますし現在の活動の元となった出来事でした。
建物から発生して居室内に帯電を起こしている電磁波問題だけだなく、
タブレットやwifiというこれから建物同様に増えるであろうそれら電波の
発生源に対しても意識しておけばと次女に対して申し訳ない気持ちが
今でも残っています。
 
 
ドライスキンや冷え性
 
彼女は乾燥肌であったり指先の皮膚が薄くめくらたり、皮膚科を診察すると
アレルギーかもねー?と医師に言われています。
成長期の大切な時期に急激に電磁環境が変化したことが一因ではないかとも
思っています。
皮膚の保湿機能が低下してドライスキンになったり、
血流が低下して末端に血液を運べなくなる。
そんなことも関連している可能性が高い。
過去は仕方がないので今から出来ることをしてあげたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
 
 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
 
 
 
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
 
 
 
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3332

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です