3.11と電磁波

*テツヒサ情報局 2019年3月11日(月) 雨のち晴れ
あれから8年@3.11
2011年3月11日、14時46分に発生した宮城県沖を発生源とした東北地方太平洋沖地震が発生。最大震度は7。当時の記憶が鮮明で大阪府吹田市内の自動車部品販売店でパンクしたタイヤの交換を待っている時にタイヤの陳列棚がガタガタと揺れて地震に気が付きました。しばらくすると東北地方で大地震が発生したニュースが流れ遠く離れた関西でも体感したことに驚いたことを覚えてます。その後は津波の映像を見て言葉が出ずただ呆然としたこと。当時3歳と1歳の娘達がいつもと違う私の表情を見て、パパどうしたの?と声をかけて来たことも昨日のように思い出されます。

 

ダウンロード (26)
当たり前の毎日にありがとう
当時生まれていなかった息子も現在は7歳になりました。年月経つスピードはもちろんのこと、地震や津波そして福島原発事故について急激に風化していっているように感じます。死者行方不明者が2万人を超え、約1万人が今尚仮設住宅や避難生活を余儀なくされている大災害とは思えません。
阪神淡路大震災の経験はもとより東日本大地震や熊本地震、現地入りしてボランティア活動を行った岡山県の豪雨災害。まさに天変地異が起こることがあるんだと感じずにはいられません。今ある当たり前の日常がどれだけ大切で幸せなことなのか。子供たちとも今日はそんな話をしました。改めて犠牲になられた方々のご冥福をお祈りします。
震災と電磁波
福島第一原発事故以来、目に見えない放射能への不安感と発表される放射能レベルの信憑性に疑問を抱く方々の間では自ら放射能測定器を手にされたと聞いています。また同時に目に見えない電磁波への意識も高まった事実もあります。また、計画停電が実施され強制的に数時間の停電を余儀なくされた際に身体が楽になったり、家の中がスッキリと感じられるという複数の声も耳に届きました。また、放射能の影響を避けて関西へ移住され住まいの電磁波対策をご依頼頂いた方も数名いらっしゃいました。

 

IMG_3025

 

原発の安全神話が崩れた事故でもあり目に見えない得体の知れない物への恐怖感は日々のストレスを生むことを多くの方が認識されました。電磁波も同じであり住宅内部に最も多く存在するそれは毎日私たちのストレスの元を作っているのではないでしょうか。既存の建物は状況を知ること、今後計画する新築やリフォームの際には事前に対策方法を模索するなどの行動が自らや家族を守る方法となるはずです。

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3345