電磁波測定で知る

*テツヒサ情報局 2019年3月14日(木) 曇り時々雨
ホワイトデー
バレンタインデーに女性からチョコレートを貰った男性が女性へのお返しとしてホワイトチョコレートやマシュマロを送る日。今年もバレンタインにチョコをプレゼントしてくださった方へお返しをしました。今年で40になる私もプレゼントを頂くというサプライズは嬉しいものです。誰かを思ったり思われたりすることは素敵なことですね。
現状把握
昨日に引き続き図面と睨めっこ。図面に建物からの電磁波を対策するオールアース工法の施工範囲を書き入れた後はプランに従って見積書を作成するという流れです。これは新築住宅の計画段階から電磁波対策を導入することを前提に進めているパターンですが既存の住宅への対策も行うことがあります。既存住宅の場合は現状の電磁環境の把握から始めます。電磁波環境を測定するのです。電磁波と言えば家電製品やスマホをイメージされる方も少なくないとは思いますが、ここで測定を行うのは建物の電気配線から発生する電磁波の事を指します。電気配線から発生した電磁波は物質を伝搬して居室内へ侵入し最終的には居室内で生活をする私達の身体へと伝搬して帯電するのです。

 

IMG_5746
電磁波環境測定
今日は実際にご依頼を頂き電磁環境測定にお伺いしました。現在生活をされている住環境が実際にどうなのか。体調不良の原因と考えられる要因を排除する目的もありました。可能性の一つとして住まいの電磁波を考えた際に様々な対策グッズを検討されたとか。それでもまずは住環境の中の電磁波を計測により把握することを選択されたということです。寝室が一番気になるということで計測を始めましたが数値化することで環境の把握が出来たことに非常に満足されていた様子でした。対策するにはどうするのか、ネット上に転がる様々な情報を入手すればするほど分からなくなるとの声も聞かせて頂き正しく測定をすることによる見える化、対策後の見える化についても重要であると再認識しました。

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3347

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です