ショッキングなニュースから学ぶこと

*テツヒサ情報局 2019年5月4日(土) 晴れ
多忙なゴールデンウィーク
今日も昨日に引き続き快晴のお出かけ日和。私は勉強会と商談で仕事モードで過ごしました。お客様と大型連休について話をしているとスタッフの皆さんの意向もあり10連休にせざる得なかったとのことでしたが月初ということもありレセプト業務を行うために早朝から出勤されているそうです。仕事にお子様との時間にと忙しいGWとのことでした。
交通事故と住宅内の事故
ところで皆さんは年間の交通事故死亡者数と住宅内部(住環境が原因)での死亡者数、どちらが多いと思いますか?
交通事故の方が圧倒的にニュースになる、または話題に上ることが多いので多くの方が交通事故による死亡者数の方が多いと考えるのではないでしょうか。しかし答えは住宅内部の事故が正解なんです。しかも倍程も多いなんて信じられないって思いませんか。原因は室内と廊下やお風呂の脱衣所等で起こる温度差によるヒートショックなんだとか。
住環境を考える上で温度環境と電磁波環境ではヒートショック対策に重点が置かれているのが現状です。
ショッキングなニュースから学ぶこと
動脈硬化によりヒートショックを後押しする電磁波も十分に問題だと思いますがあまり知られていませんし直接的に住宅内部の電磁環境が悪くても死に至ることはありません。しかしながらイギリスで起きた15歳の少女が自ら命を落としその原因が電磁波だったというショッキングな内容には目を背けることは出来ませんでした。電磁波により頭痛や疲労、集中力の低下に悩まされた挙句に肉体も精神も衰弱してしまったそうです。

 

images (14)

 

日本よりも電磁波に対しての理解があるヨーロッパにおいても周囲の理解が得られなかったのですから電磁波後進国である日本では更に周囲の理解が得られないのは簡単に予想できます。国が警鐘を鳴らすこともなく子供たちの生活の場に侵食する電磁波についても心配です。学校や公共の場所については変えることは難しいので、まずは自分で選択できる住環境を始め自身の持つツールやその使い方をから意識することが必要ではないでしょうか。

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3398