小さな園児の役に立てる喜び

*テツヒサ情報局 2019年5月21日(火) 晴れ
ハンドルと足元ペダルを収納
昨日、自動運転技術の普及を待て詫びる私にとっては朗報というか、ちょっとした衝撃のニュースをキャッチしました。自動車業界ではやはり巨人メルセデスベンツが技術開発を牽引しているようで、技術の進歩は既に市販モデルに搭載してもいいレベルにあるということです。手動運転モードと完全自動運転モードが搭載されるコンセプトカー「ESF2019」はなんと、自動運転モード時にはステアリングホイールと呼ばれる通称ハンドルとブレーキやアクセルといったペダルが収納されるのだとか。
夢に見た自動車で移動しながら運転操作以外のことを行うことができる。
ゲームチェンジ
今日のスケジュールをこなすための移動が自動運転で行えたなら。体を休めたり、仕事のタスクをこなしたり、勉強の時間にあてたり、会議をしたりとかなりワクワクすることが考えられます。移動する手段であった乗り物が一気に進化して行く、トヨタ自動車の豊田章男社長がゲームチェンジと発したコメントの意味が少し理解できたように思います。
小さな手が可愛すぎた件
自動運転車だったらどんなに良かっただろうと思った今日は、加古川での打合せからスタートして京都市内〜神戸市内と京阪神をウロウロ。
神戸市須磨区、JR須磨駅前の「須磨うみとやま保育園」を運営するイネイト保育会小畑代表のご依頼で、同会が運営する京都市伏見区の「あすか保育園」に伺って来ました。今春新築工事が完了してオープンした須磨うみとやま保育園に電磁波対策を導入頂きました。その打合せ当時からもう一つ運営するあすか保育園も対策をしてあげたいとご相談を受けており、本日念願叶い伺うことが出来ました。

 

EFC779D2-9FD6-4E10-9388-A5B1D4FFB7E5

 

ちょうど13時からのアポイントで、園児達はお昼寝中。お昼寝の邪魔をしないように電磁波測定器を片手に測定を行いました。
途中、園児達の可愛い寝姿に手が止まってしまうこともしばしばでしたけれども、保育園の環境を整え育ち盛りの子供たちの役に立てることを思うと嬉しかったです。

 

0370276A-A74A-4ED2-A320-4B9117A4ED76

 

須磨も伏見も出来るだけ同じような環境にしてあげたいとのリスエストを頂き、伏見のあすか保育園の環境改善についてもお手伝いして行くことになりました。未来を担う子供達にとっての電磁波対策の重要性をご理解頂きありがとうございます。

 

 

 

 https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
 https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
 https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
 https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
 http://emfa-japan.org(EMFA HP)
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3415