子育て始め色んな場面で承認の大切さを感じます

*テツヒサ情報局 2019年7月1日(月) くもり
お朔日参り
IMG_7383

 

今日7月1日は国民安全の日。1960年の閣議で産業災害・交通事故・火災などの災害防止を図るために策定され、暑さで気のゆるみから事後が多発する夏場の一日が選ばれた。その他にも今日は更生保護の日・心の日・動揺の日・銀行の日・クレジットの日・弁護士の日・建築の日・郵便番号記念日・他にも多数記念日として策定されています。
お朔日参りでは国民安全の日にちなんで日頃の感謝と共に家内安全、商売繁盛を祈り手を合わせました。今年も半分が終わり下半期がスタートしました。今月は多くの現場がスタートして施工に入ることもありますから無事に役目を果たせるように強くお祈りしました。世の中のお役に立てますように。
不定愁訴に悩むご夫婦
今日はいつもお世話になっている外科のドクターよりご紹介頂いた不定愁訴に悩まれているというご夫婦からご依頼を受けて経営されているパン屋さんの店舗とご自宅の電磁波環境測定に伺って来ました。測定を始める前に色々とお話を伺っていると様々な症状に悩まされていました。検査を受けても問題ないという結果が出るものの身体の不調は改善せずに悪化する一方とのこと。自覚症状が自律神経失調症の症状と告知するのでストレスが原因と漠然と言われるのが落ちだったとか。その時に電磁波の影響を耳して症状例をみてみると多くが一致するので漢方医でもあるご紹介者のドクターに相談したところ私にご縁を頂くことになりました。

 

不定愁訴とは:患者からの「頭が重い」「イライラする」「疲労感が取れない」「よく眠れない」などの「なんとなく体調が悪い」という強く主観的な多岐にわたる自覚症状の訴えがあるものの、検査をしても客観的所見に乏しく、原因となる病気が見つからない状態を指す。
外部よりも内部に潜む電磁波
事前にご連絡を頂いた際に新幹線やJR、私鉄の線路と送電線が近くにあること、そしてパンの製造を行うショップの奥の工房で使用する機器などを心配されていました。結論を言えば外部よりも内部の方が電磁波が潜んでいます。工房の機器についても「電磁波が強く出てるだろう」とご依頼主が予想していた機器は問題なく、予想しなかった機器が強く発生させていたりと測定において正しく環境を把握することが出来たことに対して喜んで頂くことが出来ました。

 

IMG_7385
承認からスタート
状況を把握するだけでなく話を伺ってライフスタイルをしることも重要です。ヒントが多く隠れていると思いますし、自分たちの状況をまず誰かに話をして理解されることが必要だと思います。お店の移転や閉店しての転職も頭にあったそうです。それだけ体調が優れなかったということです。現代は電磁波と完全に距離を置くことは出来ませんし、転職をしても電磁波と上手に付き合う必要はありますから帯電を取り除いてデトックスしながら電磁波の影響による免疫の低下を防ぎながら生活スタイルや働き方を見直して電磁波に負けない体づくりがポイントになって行くとお伝えしました。出来るだけお役に立てるように今日からお付き合いがスタートです。まず承認することがご夫婦にとって必要だったと思います。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3456