園児たちに喜んでもらいたい

*テツヒサ情報局 2019年7月14日(日) 雨時々くもり
昔と違う夏の過ごした方
世間様は3連休真っ只中の日曜日。今回の連休はあいにくの梅雨空となっていて明日は少し回復するような天気予報となっています。しかし街中から郊外へ向かう道路は大変な渋滞でした。早めの夏期休暇を取ってられる方もいらっしゃるようで働き方改革やダイバーシティのお陰で昔とは少し違った夏の過ごし方も増えているんでしょう。
保育園の存在
FBA42D5F-A84D-4BF2-B0E4-9EEA9589C764

 

今日のスケジュールは保育園のリフォーム工事となっておりお施主様である保育園事業者様と現場でお話をしていると、先述した現代の働き方の多様性で保育園の休日というものの確保が難しい。助成金の関係で深く分からないのですが保育園を利用したい方が1名でもいらっしゃった場合は開園するというのが基本的なルールなんだとか。許認可型とか企業主導型、形態によって違うようですが園の運営や保育士の確保など素人の私が想像しても大変さが分かります。現代人の様々な働き方に対応して保育園を運営することや、預ける先が確保できるならと子供を持つことを選択する方がいらっしゃるという話もあり、少子高齢化や経済対策についても保育園の存在価値は大きいのではないかと思った次第です。

 

3C3A0B9F-061F-471F-830A-FB5BD16CD9FB
園児のみんなに喜んでもらいたい
京都市伏見区、京阪電鉄と近鉄の「丹波橋」からすぐにある「あすか保育園様」にて電磁波対策を行うためにリフォーム工事が行われました。施工業者は保育園が入るビルの指定業者さんが行い私も現場入り。園児のみんながお昼寝をしたり遊ぶスペースの対策を行いました。今時の子供たちは私たち大人世代が味わったことのない環境(家の中も家の外も)で成長せざる得ません。そんな生活環境の中で保育園で過ごす間は電磁波の影響が少なくまた、帯電障害予防としてアーシング出来る環境で過ごしてもらいたい。

 

CBEB93BA-9C20-4885-8D0A-B54446178DA3

 

トータルの影響を減らすことで貢献したいという想いが事業主様と意見が一致したところです。
園児たちには分からないことかもしれませんが、想いの詰まった環境が食事が保育方針や対応が園児たちが喜ぶことに繋がるはずだと改めて感じました。そしてその想いが円を運営する上での強みとなり今後競合他社(保育事業者)が増えたとしても差別化にも力を発揮するのではないかと思います。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
テツヒサ情報局
~2012年6月より365日ブログ継続中~No.3465

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です