不眠大国日本に一石を投じるの巻

*テツヒサ情報局 2019年9月3日(火) 晴れ時々くもり
今日は睡眠の日
9月3日は睡眠の日なんですって。グッスリという単なる語呂合わせなんだそうですが不眠大国として知られる日本としては国民がQOLの質を向上させるために不可欠な良質な睡眠について考えるにはいい機械ではないかと思います。
どれほど不眠大国なのかというと、大手寝具メーカーが実施した1万人の調査では49%の方が不眠の可能性があるということでした。

 

E29BB595-466B-464E-B2B1-B401EE94DD41
個人だけでなく企業に提案してみるか
食品やアパレルなどの企業がここに注目して新たな商品やサービスを展開するそうで市場規模は拡大傾向。
睡眠の質の向上に期待を寄せるのは個人だけでなく、生産性の向上やミスの予防を期待する企業。働き方改革や健康志向の高まりで睡眠の質に注目が集まるのは私たちにとっては思いがけない追い風です。
環境にフォーカスする
寝ているのに疲れが取れない、寝付きが悪い、朝の目覚めが悪い。こらは典型的な睡眠時間の不足以上に質の低下が問題と言えるケースかと。
音楽や香や寝具やサプリ、色々な商品が今後登場すると考えられます。私は環境を整えることの必要性をご提案します。寝室や子供室(子供の不眠も問題視されている)に電磁波が営業していると自律神経が乱れ良質の睡眠を邪魔する。まずは睡眠環境の電磁波対策を行いリラックス神経と言われる副交感神経を優位にすることがベースでしょう。更に自律神経がリラックス出来る要素を取り入れることで良質な睡眠を得られると思います。
デジタルデトックス
誰でも費用をかけず行うことが出来るデジタルデトックスは一定期間スマホやタブレット、PCなどと距離を置くことです。スマホが普及した現代ではネット利用時間の増加やゲームをすることでデジタル機器に触れる時間が1日平均で7時間という方も少なくないとか。デジタル依存症なんていう言葉もあるくらいです。このデジタル依存症にやり睡眠障害や肩こり、腰痛、眼精疲労などになりやすいと言われますし、睡眠の質を上げてQOL向上を望むのであれば定期的なデジタルデトックスも必要な気がします。
合わせてお住いのブレーカーを落として建物から発生する電磁波の影響を軽減してみて下さい。
今までと違う自分に気がつくと思いますよ!

 

51C7BD31-63CE-47EA-9F99-711CBDD73013
アパートにも導入
賃貸アパートにも建物から発生する電磁波を抑制するオールアース工法はじめ様々な手法で電磁波対策を施した建物が増えて来ました。今日もオーナー様と現在進行中の案件で入居者の方に喜んで頂くべく電磁波対策を行うことで打合せを行いました。不眠大国と言われますが、不眠は自殺の入口なんて言われますし、良質な睡眠の邪魔をする電磁波を抑制することで役に立てる上に集合住宅に導入すれば戸建よりも多くの方のお役に立てるのでどんどん普及させて頂きたいと思います。

 

6865516E-C12F-487C-AAA9-57335576EC89

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3513~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です