秋分の日

*テツヒサ情報局 2019年9月23日(月) 台風一過
秋分の日
昨夜は台風の影響で風の音や風に倒された物音で目が覚めなかなか眠れない夜を過ごしました。朝目覚めても風が強く警報発令と日本海側を通過する台風にもかかわらず影響がありました。正午ごろには晴れ間がのぞき一気に暑い日となり、今週は30℃前後の残暑厳しい週になるそうです。台風直撃ではなかったもののベランダの物干しが倒れ窓ガラスにヒビ。応急処置で修理を待ちたいと思います。
今日から暦上は秋。昼と夜の長さが同じとなる日。これから秋が深まると日照時間も少なくなり寂しい季節到来です。自律神経を整えることが寂しい気持ちを癒す?寂しい気持ち予防?になるのでリラックスを心掛けて下さい。電磁波対策、デジタルデトックスなどおススメです。今日は報告書の作成や溜まっている見積り、お問合せへの対応など時間に終わらることなく取組む事が出来てそれだけで少しストラスが軽減します。今週も住まいやオフィスの電磁波対策、リフォーム工事のご相談、新築工事&リフォーム工事の竣工検査があったりとなかなかハードですが一つずつ落ち着いて取り組もうと思います。
先祖をしのび供養する日
先祖を尊び亡くなった人をしのぶ日として194〆何に法律で制定されました。また祝日法で秋分の日とされているそうです。
秋分の日をはさむ一週間を秋彼岸といいお墓参りに行ったら法要を行ったりします。彼岸とは元々仏教用語で煩悩に満ちた世界から解脱した悟りの世界をさし、亡くなった祖先の霊が住む世界で、その祖先の霊を供養するためにお墓参りに行くわけですが、この時ぐらいは煩悩を消し去った一時を過ごしたいものです。

 

1DC2D1E0-D3A7-4AAD-B5BB-032BD0BB5994
お墓の疑問@砂利
お墓には砂利が敷き詰められています。雑草が生えにくくするのか理由かと思いますが子供たちに理由を聞かれると明確な解答が出て来ず…。Google先生に聞いてみます。

 

◽︎砂利を敷く目的

 

①墓地の足元は盛土で埋める、砂利(バラすなどの色のない砕石)を敷く、モルタルで固めるなどの様々なほうほうがあります。その表層部分に砂利を敷き詰めることで見栄えがよくなります。

 

②土に比べて砂利を敷くことで防草効果がありす。とはいえ、完璧に雑草を防ぐことはできずに草は生えます。

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3531~