続アースネタの巻

*テツヒサ情報局 2019年10月4日(金)  晴れ時々くもり
引き続きアースネタ
昨日に引き続き今日もアースの話になりました。建築会社からのご相談の延長でアースについての認識が電気工事業者さん毎に違いがあり建築会社としてもよく理解していないとのこと、それはそれで問題として捉えておられる様で私としてはアースが広がって行くことは良いことだと思うので建築される住宅には内線規程に沿って水回りはもちろんそれ以外の居室についてもアース付きのコンセントを推奨されている訳なので実施して頂きたいですね。海外に行くと必ずコンセントのプラグはアース極付の3品プラグになっているわけですからその違いを明確にするには使用電圧の違いと言うところにつながります。200v以上を使用する国が多く高電圧ということでアースが義務付けられていることと、日本は100vが中心であることも環境の差を生んでいるといえます。

 

65C0C294-F4C2-4BE7-8F23-4B1D2DF90D37
正しくアース出来るのか
建築会社さんのご相談は電磁波については気にされているお客様がいらして私に電磁波環境測定をご依頼頂くという内容でしたが、仮に電磁波が発生していた場合はどうすればいいのか、どのような選択肢があるのか対策方法をお伝えしました。対策を行うためにアースは大きなポイントですから現状で正しくアースが取れるのか、アースの効き目はどうなのか、それによって対策方法も変わってくるという流れからアースの議論になったわけです。

 

C35872B0-8F8D-4633-873E-2EBD4DDF6815
電磁波が溢れる現代ではアースが必要だと思う
アースについては私が勉強会などでお伝えする内容に含まれています。健康法や美容法としてアーシングが広がっていますがこちらもアースが関わります。今日は先日のすみれプロジェクト会議の後の懇親会で循環型社会の話題で盛り上がり、その時に話の輪にいた方が勉強会を主催して下さるとご連絡を頂きました。現代の暮らしに正しいアースを実行することの大切さをご理解頂き、共通のテーマである循環型社会の創造に繋げて行きたいたいと思います。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3540~