働き方改革、健康経営、睡眠ビジネス最前線

*テツヒサ情報局 2019年11月9日(土)   晴れ
サイクリング
最近早起きが加速している息子。平日も誰よりも早くに起きてますが休みの日や週末は特に早い!夜明け前から息子に起こされ耳元で自転車乗りに行こうと囁かれました。じゃあ行くか、ということでサイクリングに出発。朝晩の冷え込みが厳しくなって来たので少し厚着をして出ました。それでも日差しもない中走っていると手が悴んでくる程の寒さ。もう手袋が必要な時期ということです。そう言えば昨日が立冬なのでもう冬なんですね。
子供を真似る
自分自身も幼い頃を振り返ると休みの日は早起きだったような気がします。息子も同じなんでしょう。休みが終わり週明けでも早寝早起きが出来ているので良しとします。
しかしサザエさん症候群という言葉が生まれるほど休みの日の夜は眠れない人が多いようです。休日の夜の不眠症は1/4と言われているようで通勤や仕事への不安が睡眠を阻害していると言われています。子供を見ていると楽しみを見つけることが上手。大人も真似しないといけませんね。
睡眠ビジネス最前線
そもそも現代人は睡眠不足や睡眠障害が社会問題となっています。「睡眠ビジネス」が注目を浴びています。世界的にも潮流としてあるようで睡眠ビジネスの世界規模は8兆円との調査があり今後は注目度が高まって行くと思います。
更に更に働き方改革により睡眠の質について注目が集まっているようです。「睡眠負債」という言葉が2017年の流行語大賞にノミネートされたことも日本人の睡眠の質が高くないことを物語っていると思います。
電化する寝室
家電メーカー、寝具メーカーも今後睡眠の質を高める商品やサービスを展開していくと言われています。家電や住宅設備との連携が加速していくと思います。体温や心拍のセンサーを内蔵したり、アロマが出るベッド、入眠や起床時には自動で形を変化するベッド、エアコンなどによる温度湿度のコントロールなどなど。寝室環境の電化が加速しそうです。
睡眠と自律神経
睡眠の専門家によると質の高い睡眠は自律神経と大きな関わりがあると言います。そしてブログでも何度も書いて来たように電磁波は自律神経を乱します。なので我々は電磁波環境に配慮した寝室環境づくりを提案しています。
先述したハイテクの睡眠の質を向上させる製品の多くは電気を使用して眠りの質を上げるものです。電気を使用すれば必ず電磁波が発生しますからその辺りも知っておく必要があると思っています。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)

 

*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3575~