共通認識と共通言語

*テツヒサ情報局 2019年11月30日(土)   くもり
明日から師走
11月の最終日となった今日は青空が広がり気持ちの良い関西地方となりました。風邪は冷たかったですが郊外へ向かう車は多かったように感じます。車窓から見える山々は色付いて季節の移ろいを感じながら西へ。

 

いつもお世話になっているクライアントから紹介したい方がいらむしゃるということで足を運びました。犬の関連施設を営む素敵なOご夫妻で色々とお話をさせて頂きました。ご縁に感謝です。
共通認識、共通言語
ご家族の病気がキッカケで食事療法を学ばれご縁でOリングと出会われたそうです。デトックスが大切ですよねと共通認識や共通言語でお話が出来ることがとても心地よく、電磁波についても同様にご理解頂けたのではないかと思います。

 

51ACC8C7-2E8A-42D4-BCC6-E0F2FC2880A1
汚染物質、ウィルス感染、電磁波
私もOリングを学ぶ身として教わったことは、汚染物質とウィルス感染と電磁波が合わさると大きな病気の引金になるということ。Oリングの創始者の大村先生は数十年前からこの内容を発信されていることもありOリング学会では当たり前ということですが、昨今は昔と比べて電磁波の影響が強くなっていることまもあり会員の中でも電磁波への対策を必要と考える方が増えてきています。
ある意味重要な役割
汚染物質やウィルス感染などは体が本来防御するようになっていると言われています。免疫と言われますが、その免疫を統制しているのが自律神経です。重要な役割をしている自律神経を乱すのが電磁波の存在です。あるいみ重要な役割という訳です。
空気中のホコリの話でも再三お伝えしているように、ホコリをこまめに掃除することはもちろん必要で大切なことですが、電磁波がそれらを吸着することで体内に吸い込み易くなる。電磁波の存在がマイナスに働いて起こる現象です。
電磁波の影響を感じたことがないという声は沢山耳にしますが、存在だけでなく影響も目に見えない不気味な存在に対して意識し対応する必要がある時代だと思うのです。
食事や環境に興味のある方は、本日伺ったO様とコラボセミナーを企画しようと思いますので楽しみにしておいて頂ければと思います。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3560~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です