日本の原風景に癒されて

*テツヒサ情報局 2019年12月3日(火)
妻の日
今日12月3日は妻の日。凸版印刷社が1995年に策定したそうで、1年の最後の月である12月に1年間の労をねぎらい感謝を表す「サン(3)クス」の語呂合わせなんだとか。今日は長女が2学期最後のお弁当の日だったそうで明日から午前中授業であることを意味します。2学期中もいつもと変わらず手作り弁当を持たせてくれた妻への感謝を手紙に書き記し渡している姿を見ていると「手作り弁当」が育む親子関係もあるんだと改めて感じました。妹や弟は一足早く短縮授業に突入する長女が羨ましくて仕方ない様子で文句をブーブー。なんでも一緒がいい、子供はそんなものですね。
古民家リノベーション工事着工
先日からお伝えしている古民家リノベーション工事が昨日着工しました。着工前にお施主様が一部DIYにて電磁波対策用のオールアースシートと吉野杉の無垢の床フローリングを施工されていたので私もお手伝いしていた訳ですが昨日も打合せも兼ねて部材の納品を行って来ました。解体が進みまずは電磁波対策シートの施工から進めて行く工程。シート張りが終わると床の吉野杉のフローリングが施工されて行くので早いタイミングでシートは見えなくなります。完成を待たずしてシートは仕上げ材によって見えなくなりますが健康的な暮らしを見えないと所から支える役目を担えることに感謝します。
水道やガスと言ったライフラインも拘りが光り始めてみる設備が設置されるのを楽しみにしていますが、薪ストーブの火入れも楽しみです。

 

51E0DC4C-A1F2-4AC8-930E-1A900A005786
日本の原風景
兵庫県三田市のニュータウンから比べると2℃ほど気温が低いと言われる山間部の集落。田畑の間にポツポツと民家が並ぶ日本の原風景のような場所。私の生活エリアから1時間足らずの距離にも原風景を感じられる素敵な場所が沢山あることに驚きます。今回のリノベーション工事は私も非常に完成が楽しみなのですが母屋に隣接される小屋や納屋の建物を見学させて頂くことも楽しみの一つとなっています。
周辺の山々から燃料となる木材には困らないと仰る通り既に薪が沢山準備されストーブを待ち構えています。燃料を地産地消とすることで周辺の山々の手入れが可能になり原風景を守る、山を守れば川が守られ、しいては街を守ることに繋がる。日本の原風景は頭をクリアにして良いヒントを授けて下さるような気がするので薪割のお手伝いと称して工事が終わった後もお邪魔したいと思います。

 

90FF1FDE-E2AE-4D33-99B7-F10054923274
冬物家電と言えば
今日はクライアントから暖房機器のご相談を受けてご自宅に伺いました。初めて見る機器でもあったので電磁波の影響を計測しながら確認。距離が担保出来るので問題ありませんでした。合わせてホットカーペットの電磁波対策についてご相談を受けたのでご提案させて頂きました。数ある冬物家電の中でもホットカーペットは電磁波の発生量が多く、更に直接触れ続けるということで影響を受けやすいと言えます。電磁波99%カット(磁場のみ)の商品は人気商品で通販や宅配のショップでよく目にします。しかし、電場という電磁波の要素の一つはカット出来ていないために対策する必要があることをお伝えしました。安心して安全に寒さを凌げるようにお役に立てれば嬉しいです。
ぐっすり眠れる
電磁波環境の測定からご依頼頂き寝室と居室を対策させて頂きました。今日、ご主人様から対策後にぐっすり眠れるようになったと嬉しいコメントを頂きました。他のクライアントからも同様なお声を頂くことは珍しくありません。頭がすっきりしますや疲れが溜まらなくなった。頂くお声は千差万別です。しかし今日嬉しかったのは自分は電磁波の影響は分からない、と仰っていたご主人様からのお声だったからです。私から電磁波の影響や過去の事例を並べ立てあれこれ話をするよりも実感として今までよりも眠りの質が高まったと感じて頂く方が良いに決まっています。多くの方が眠りの質について話をすると「私はぐっすり眠れているから大丈夫」と仰いますが、今日のお声はそのような方々には参考になるのではないでしょうか。何よりも電磁波対策をご希望された奥様にとってはご主人様のご理解が以前より深まったことが嬉しかったのではないかと思います。
自然に癒されて(超私的なこと)
実は今日、自然の風景やその地で暮らす方々の癒しが心にしみました。昨日救急車に同乗して病院へ付き添い、検査も特に以上の無かった家族ぐるみでお付き合いしてきたおばちゃんが無くなったと連絡を受けました。普通に話をして別れ際には私に対して「迷惑かけてゴメンね」と声を掛けてくれていたのに、早朝看護師さんが部屋を訪れた際には息を引き取られていたとのこと。理解することが出来ず悶々としたまま一日をスタートさせました。自然の中で心を落ち着かせながら最後に会ってくれたのだと思えるようになり受け入れがたい事実を自然が和らげてくれたのだと思います。
先週幼馴染の早すぎる死の訃報を受けてポッカリ心に穴が開いたような状態が続いていたところに重ねての訃報。
思い出が沢山ある二人の死受け入れがたいことですが、二人のご冥福を心よりお祈り申し上げます。また、ご遺族の皆様にはお悔やみを申し上げます。

 

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3563~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です