脳疲労チェックリスト

*テツヒサ情報局 2019年12月7日(土)   晴れ時々くもり
神戸港開港記念日
早くも12月に入り1週間が経過しました。今年も残すところ3週間ということで気忙しくなって来ます。年の瀬ということ以外では特別変わらず新案件のご相談や進行中の現場も通常通りですが通常とは違う心持ちになるのは年末は気忙しいという過去から引きづる思い込みやイメージなのでしょう。今日は神戸港開港記念日で1867年12月7日神戸港が外国船の停泊地として開港したそうです。おしゃれな街と言われる横浜や神戸は舶来の文化が根付いた場所ということでしょうか。西洋の文化が残る歴史的建造物が沢山存在して今でも多くの観光客やインバウンドを楽しませています。

 

4B2FD6DD-D0EE-433F-866B-C8CFCD6B0B0B
電磁波環境測定~電磁波環境対策
神戸の西洋文化を象徴するのが伝統建築物保存地区に指定されている北野町山本通界隈。洋風建築物、西洋長屋や英国館と和風住宅が混在して神戸市中央区にいながらも静養にタイムスリップしたような感覚さえ覚えることが出来ます。今日はそのおしゃれな地区にお住まいのクライアントのご自宅へ電磁波環境測定後の電磁波環境対策へ伺いました。治療家からのご紹介でご縁を頂いたM様。対策の日を楽しみにして頂いていた様子でご夫婦揃って立会いを頂きました。家電やトレーニングマシン、書斎のPC周辺と次々に対策を施し数値をご覧頂きながらご説明すると以前との環境の差に驚かれていましたし治療家の先生から住まいの電磁波環境について教えてもらわなければ知らず知らずに影響を受け続けることになっていたと電磁波環境を知ることの大切さを感じておられました。
今日の電磁波対策は第一弾で、第二弾は寝室の電磁波です。今年の春に竣工した新築ピカピカのマンションですからリフォームや内装に傷を加えない方法を考えており電磁波対策に用いるシートのカバーに何を使うのか。サンプルをお持ちして決定頂いてからの施工を第二弾に行います。寝室の壁面からは発生する電磁波の数値は高く睡眠をとるお部屋だけに私も早く対策を施して差し上げたい場所。建物からの電磁波の影響を受けない寝室を創造して更に安心して頂けるように努めたいと思います。
いびきも疲労の原因に!
いびきは舌の根元が下がることが原因と言われています。舌が下がると呼吸でとりこめる酸素が少なり体に酸素を送り込むために自律神経が働き続ける。その結果脳が疲れてしまうというメカニズム。眠る姿勢を横にしたり高さのあった枕を選定するなどいびき対策を行うことも脳疲労予防につながるということです。

 

DA5BED3F-9E2A-4B6D-AF81-E41A5F05BC9D
脳疲労チェック
脳疲労が体に影響することや脳予防には自律神経がポイントであることは先日から連載している内容の通りですが、実際に自分がどれだけ脳疲労を起こしているのか判断が付きにくいと思います。そこで今日は脳疲労チェックリストを掲載しておきたいと思います。思い当たる項目が二つ以上あれば脳疲労の可能性が。

 

[]物事はキリの良いところまでやらないと気が済まない
[]責任感があり遅くまで残業しても苦にならない
[]集中力が高く何かに没頭すると周りが気にならない
[]疲れたら影響ドリンクを飲む
[]長時間の運転でも休憩はあまりとらない
[]ストレス解消のため体を動かすことが習慣である
[]屋外で過ごす時間が長い
[]休日は遠くのテーマパークやアウトレットに足を延ばす
[]日中に眠気があったり、大きないびきをかくと言われる
[]集めのお風呂に長時間入るのが好きだ

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*(一社)日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3567~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です