刃を研ぐ時間とSNSとの距離

*テツヒサ情報局 2020年1月5日(日)   くもり
新年五日目
年末年始の疲れもお正月気分も少し抜けて来ました。日常を取り戻しつつある新年五日目です。今日は子供たちと一緒に公園で汗を流し体を動かしました。年が明けてから毎日のように子供たちと体を動かす時間を持つことで例年よりも体重の増加は押さえられたのだと思います。それでもやはり日常とは違う食生活を1週間続けると消費出来ない部分があるようです。
刃を研ぐ時間
今年は歯を研ぐ時間をスケジュールに入れ込むと決めました。曜日感覚が薄い私たちはウィークデーもウィークエンドも関係ありませんのでスケジュール化するしかありません。
刃を研ぐ時間とは正に自分磨きの時間です。刃を研ぐ時間は七つの習慣に出て来ますが、きこりの例文が出て来ます。木を倒そうとしているきこりが一生懸命斧で木を切ろうとしています。休むこともせず頑張っているのですがボロボロの斧では効率が悪く作業は進みません。少し休み斧を研く方が効率が良いことは誰にでも理解出来ます。私たちにも当てはまります。ボーダレスに長時間働くことも大切ですが自分磨きをしる時間を作ることで、メンタルとフィジカルを強化することでパフォーマンスが上がるはずです。
その一環でスケジュールに入れ込むと今年から挑戦してみようと思っています。

 

0F3E4B97-EB5B-4132-A2DC-493E42DC304B
SNSのレス問題
すでに仕事始めを迎えておられる方も少なくないようでご連絡を頂いた方も数名おられます。年中を通して気軽にコミニュケーションを取れる時代。スマートフォンの普及で誰しもがSNSを使いメールも確認出来て便利でいつでも連絡を取り合うことが可能です。正にコミニュケーションのボーダレスと言ったところでしょうか。SNSは気軽に簡素にコミニュケーションを取ることのできるツールです。その反面いつも対応(レス)しなければいけないような雰囲気はありますしグループ内でのやり取りではかなりの数のやり取りが行われます。

 

6F04D9AB-936E-4AB5-8332-174056F626BF
距離を置きます
先日も仕事中にはスマホをデスク上に置かない方が良いとの内容をブログに書きました。それは生産性の低下を招くといったことがおこるからで、仕事中は仕事を妨げたり、リラックスタイム中はリラックスを妨げることになるのだと思います。現在もブログを書いている間はスマホの電源を消しています。そのように今年はスマホとの距離、特にSNSとの距離を開けようと思っています。
プチデジタルデトックスの実験
具体的にSNSと距離を置く時間帯は不定期ながらも休日や葉を研ぐ時間、そして21時以降はSNSでのメッセージ等の返信を控えることになると思います。したがってレスの反応が遅くなる可能性もありますがご理解とご協力を頂ければ幸いです。プチデジタルデトックスの実験として、現代のスマホ社会の抱える問題を解決する検証としての取組でもありますのでスマホ中毒やスマホ依存という社会現象に対してどのようにお役に立てるのか考えてみたいと思います。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ計測中 No.3597~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です