ウィルス予防と電磁波対策

*テツヒサ情報局 2020年1月31日(金)   雨のち曇り
新型コロナウィルス
いよいよ2020年の1月も最終日を迎えました。あっという間に過ぎ去った1月ですが冷静に考えると色々なことがあり充実していたと振り返ります。また新しい習慣も取り入れ新しい経験が出来ました。出来るだけ心を整えることを来月も続けて行きたいと思います。
最近の話題は新型コロナウィルス一色で、パンデミック状態と勘違いというか、マスクや消毒液などが店頭から消えて混乱が続いています。慌てずに冷静に出来る予防を行い、免疫力を養う方に意識したいと思います。

 

7F4BE1CC-45A7-422A-9F8E-2E89C3677068
空気感染はしないらしいけど
新型コロナウィルスは空気感染はしないと現時点では伝えられています。あくまでも飛沫感染か接触感染と言われています。しかし空気中のホコリに付着したウィルスを吸込むか体に付着すればどうなるのだろう。
家庭内のホコリ特集
先日、住環境の中のホコリについての特集番組が放送されていました。ホコリを減らす正しい掃除の仕方や家の中でホコリが集まりやすい場所を紹介していました。特殊な光を当て映像化したホコリを見た出演者は驚きの奇声を発していました。誰しも同じ反応をすると思います。
空気中のホコリを吸い寄せる
空気中のホコリは体が電磁波に帯電した状態になれば体へ吸い寄せられる性質があります。照明機器や家電にホコリが溜まるのと同じです。つまり建物から発する電磁波が室内に侵入すると体に帯電を起こします。結果様々な影響が出ると言われています。自律神経に影響を与えたり血流の低下などなど。それはさておき、ホコリを吸い寄せる状況を作ってしまっているのでホコリの量も重要ですが引き寄せない環境づくりも大切ということです。
電磁波と新型コロナウィルス
今回の新型コロナウィルス騒動ではホコリにウィルスが付着することも大いに考えられますので空気感染もあり得ると私見として持ってます。インフルエンザや風邪菌でも同じで、電磁波の帯電を少なくすることでそれらのウィルスや菌を引き寄せることを防ぐことに繋がると思います。また一方で睡眠を妨げることや血流の低下は免疫力を低めるとも言えますので、マスクや手洗いだけでなく強い体を保つという予防策に繋がると思うのです。意外と電磁波との関係は盲点かもしれませんね。今日は来月着工の新築案件のご依頼を頂きましたが、お施主様にも電磁波対策のメリットの一つとして電磁波とウィルスのことをお伝えしようと思います。

 

スマホ清潔にしてますか?
最後にスマホの消毒のことをお伝えして今日はお仕舞いにしたいと思います。
スマホは電車の吊り革よりも汚れているとご存知ですか?もっと強烈に言えば便器よりも汚れているそうです。そのスマホを肌身離さずベットなどにも置きます。手洗いと同じようにスマホを清潔に保つようにしませんか。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3623~