スマホ&ケースの汚れにご用心

*テツヒサ情報局 2020年2月1日(土)   くもり時々晴れ
お朔日
7D91EE32-7EF9-4548-B30B-9D9B092C70DA

 

2月に入りました。氏神様にお朔日参りに出掛けると節分祭の旗が目に入りました。毎月お参りに出掛けると気付かず過ぎて行く節目を感じることが出来てそれはいいものです。今日は次女と二人でお参りした。一人もいあですが子供が一緒だと嬉しいものです。
スマホの汚れネタのつづき
昨日のブログに実はスマホは汚れがひどく小まめに掃除や消毒をお勧めしました。気になりググってみると想像以上に汚れているんだと再認識。なんとトイレの便座より10倍も汚れているとのこと。主な汚れは細菌、カビ、バクテリアで、イギリスが行った調査では1000人中1/3がスマホ購入後一度も掃除を行なっていないと判明したそうです。掃除をすると回答した人でも半年に一度以上掃除しているのは全体の5%と非常に少ない。スマホの背面やボタンなどから菌を採取し30℃で48時間培養したところ、画面から1平方㎝あたり254cfu(コロニー)の菌量を計測したそうです。PCのキーボードやマウスは5cfuで便座は24cfuということなので桁違いの汚れと言えますね。
ケースもヤバイかも
高額なスマホを保護する目的でケースを使用している人が殆どです。そのスマホケースに大量のカビが発生している可能性が高いそうなのです。なんと4割の高確率なんだとか。汚れがひどくカビが生えると考えると気持ちが悪くなってきます。街中では乳幼児がスマホを手にしている姿を頻繁に見かけます。トイレの便座を乳幼児が触ったり舐めたりしているのを止めない保護者はいないと思いますが、それ以上に汚れているスマホを触らせて過ぎるのはいかがなものでしょうか。電磁波問題や依存問題も合わせると留意するべきだと思えて仕方ありません。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3624~