義理チョコと義務チョコ

*テツヒサ情報局 2020年2月14日(金)   晴れ
バレンタイン
小学校高学年になった我が家の娘たちはバレンタインが気になるらしく手作りクッキーを作ってお友達にあげると意気込んでいました。学校では禁止さらているようですが…。私たちの頃は女の子が男の子にプレゼントするイベントでしたし現在でも世の中は同じイメージのつもりでいましたが、娘達は女の子のお友達と交換するそうです。どっちでもいいイベントとは言え時代は変化するものですね。

 

285CA3F1-2503-416F-891B-7C7E187D64B8
ジェンダーハラスメント
子供たちの社会だけでなく大人の社会も変化が見られ飲み会などがパワハラに該当するのではないかとの議論と同じようにバレンタインもセクハラではないかとの議論もあるようです。若手女性社員は義理チョコを上司に配らされたり義務チョコなる言葉も出現。ハラスメントの領域で考えるとジェンダーハラスメントに該当する可能性があるとのこと。ジェンダーハラスメントとは、性別を理由に差別的な扱いを受けること。義理チョコ?義務チョコ?の習慣によって女性社員が負担や不利益を感じることは正にそれにあたるのかもしれません。子供も大人も昔とは違う習慣にギャップを感じる時代なのかもしれませんね。
異業種交流会
以前からお誘いを受けていた異業種交流会に参加してきました。西宮青年会議所主催の異業種交流会で私は年齢枠に該当しないのですが熱心にお誘いを受けY弁護士の顔を立てれるのであればと参加。38歳までの若手経営者や経営幹部が集まり会がスタートして終了するまでの約2時間の間名刺交換と初めての体験に驚きました。Y弁護士は以前にも建設業の方とご縁を繋いで頂いたこともありマッチングの天才だと尊敬しているのですが今日もその才を発揮してくれました。
モテ男
交流会終了後に参加者全員にバレンタインのチョコのお土産を頂き解散したのですが、Y弁護士はチョコを手にご満悦。モテ男になったつもりでご帰還されました。マッチングの天才は超ポジティブ男でした。

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3637~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です