お手伝いの効果

*テツヒサ情報局 2020年2月16日(日)   曇り時々雨
ステッカー撤去
今日は身内のお手伝い。ショッピングセンターのガラス面に貼られているステッカー剥がし。約3m×2mのガラス7面を侮っていたのです。貼る施工はプロの看板屋さんが行って、剥がすのは何とか自分たちで出来るといざ作業をすると素人がやると力ずくで剥がすことしかできずもう少し段取りよくやれば溶剤の用意や剥がす道具を揃えてできたと少し反省しました。約3時間程度かかりましたがなんとか素人ながらでもガラスを傷つけたり汚すことなく完了することができました。

 

C1F9636E-30C3-4B89-85BC-3116E827201E
ちびっ子職人
子供たちも何を支持するわけでもなく率先してお手伝いをしました。頭が柔軟なのかしばらく作業をするとコツをつかみ大人よりも圧倒的に非力な小学生たちがハイペースでめくっていきます。高いところは長女、真ん中が次女そして一番小さい息子は下の方をめくったりゴミの回収をしたりと自然と役割分担をしてなかなか感心しました。
家族コミニケーション
ステッカー剥がしの半分が終えた頃には大まかに終わりが見えたことにより子供たちの様子を見る余裕が出てきて観察をしました。普段は何かと喧嘩が絶えないのは子供あるあるですが1つの目標に向かって作業を行ったり大人の手伝いをすると言うことが子供にとってはとてもプラスになることだと感じました。考察力や想像力、共感力、承認力と自然と身に付けられていたのだと思います。そして何より家族でのコミニケーションが自然と取れる素晴らしい機会だったと喜んでいます。誰かのために協力をしたり役にたつ事は目に見えないご褒美がたくさんあるんだと子供たちにも気づいてもらえたらさらに嬉しく思います。
お手伝いの効果
お手伝いの効果は次のように言われています。

 

①責任感や自立心が育つ大人に頼まれた手伝いを最後までやれると言うことで責任感が身に付きます。また料理や掃除などの家事を大人と一緒にすることで協力することの大切さや将来自立した生活を送るための基礎を身に付けることができるのです。

 

②親子のコミニケーションアップお願いを田上でお手伝いの内容や説明が必要になるので親子の会話が増えます。親子のコミニケーションをどうしたら増やせるのか悩んでいる保護者の方は意外と多いものでお手伝いを頼みつつ話も増えるなんて一石二鳥です。

 

③自己肯定感アップお手伝いをすることで子供は家族の役に立っている、家族から頼られていると感じることができます。また自分の行動に感謝されることで自信につながるとともに自己肯定感を得ることができるということです。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3639~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です