車を所有する概念が崩れたように家に対する概念も変わる気配を感じる昨今

*テツヒサ情報局 2020年2月18日(火)   晴れ
引き続き最強寒波
2E2057F8-0C39-4B6D-94AC-AEDA7B1389C7

 

今日は体の芯まで冷えるような寒い1日でした。建築現場の中ではなく屋外での作業。断熱のありがたさを痛感しました。週末の3連休には春のような陽気がまた戻ってくるようですがこの最強寒波が早く通り過ぎることを強く望みます。
モヤモヤ解消
今日は朝から神戸の法律事務所へ。ビジネスミーティングというのが訪問した趣旨ですがお話しする中で疑問に思っている法律の事や自分の中の?を解消するヒントを頂き有意義な時間となりました。疑問の解消はストレス発散になりますね。
お互いを知る時間の積み重ね
弁護士と電磁波測定士が行うビジネスミーティングって俯瞰してみると面白く感じてしまいましたが、お互いの仕事内容や取り組む姿勢などをわかりあう時間は重要でそれぞれが持つクライアントや大切な人間にとってのメリットは必ず存在するはずです。更にこのような時間を持つことで信頼関係が生まれてくるのだと思います。接点は大切ですね。E先生ありがとうございました。
家を買わない時代
日常的に弁護士や医師や会社経営者といった高所得者と話をする機会が多いのですが一般の我々と同じように家の購入を躊躇する方が多くなっていると感じます。先行き不透明な時代やそもそも理想とする暮らしの実現に家という基準は薄くなっているのかもしれません。ホリエモンはじめ世間でエグゼクティブと言われる層は良い家、良い車といった昭和の幸せの象徴を早くから手放しているとも耳にします。人口減や土地神話の崩壊も併せて資産としての評価が無くなり、GDPは減少、増税も10%ではおさまらず…富裕層のみならず一般人も家を建てたり購入するという選択肢は無くなって行くのかもしれません。
無くならないもの
購入しようが賃貸であろうが、戸建でもマンションでも無くならないのが電磁波です。これまで持ち物件でなければ対策が難しいとか建築中でないといけないとイメージを持たれていましが、どんな状態でも電磁波環境を改善出来る様に準備する必要を感じています。

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3641~