雛祭り

*テツヒサ情報局 2020年3月3日(火)   晴れ
雛祭り
今日3月3日は雛祭り。桃の節句とも言われます。我家は一人目と二人目が女の子だったのでどちらかというと端午の節句よりも桃の節句が思い出深い気がします。元々は男女の区別なく端午の節句に健やかな成長を願う行事だったとか。子供が幼い頃は妻の7段飾を持って来ましたが里の火事で焼けてしまい今となっては飾ることが出来なくなりました。子供たちの記憶には残っているかわかりませんから写真を大切に保管しておきたいと思います。

 

AC79E740-A1AE-43C6-8A66-5A5398DEEDEB
ルーツ
中国渡来の上巳の節句。中国では3月3日に水辺にて身を清める習慣がありました。奈良時代には紙でできた人形が登場。平安時代には人形に厄を移して川に流す「流し雛」も誕生。現在の雛人形とは意味も姿も全く違いますが最も古いお雛様の原型は奈良時代には生まれていたことになります。
スケジュール
今月は着工予定や電磁波対策部材の施工のタイミングにある現場が複数あります。また翌月以降にスタートする案件のプランも複数あることも楽しみです。ありがたい限りです。春の訪れや新芽が芽吹く季節の到来が一段と楽しみになって来ました。
時代の変化と進化
今年は次世代通信システム5G元年と言われています。皆さんのスマホ画面の上部に現在は4Gと表示されていますが、以前は3Gだったと思います。その表示が今後は5Gとなるわけで、スマホが登場して10年程度の間に進化して来ています。それにともない生活も変化した訳です。
住まいも同じ
住宅においてもここ10年で進化して暮らしに大きな変化をもたらしたと言えます。住まいに健康性能を期待する方々が増え、昨今では住まいの性能に電磁波対策を求める方も確実に増加していることを感じます。お問合せやご相談、導入件数の増加がそれを感じるところですが、住宅比率が高かったのに対して集合住宅や施設への導入が増えているのもその一つ。
予防時代突入
今回のパンデミックにおいて情報に振り回されず冷静に個人で予防することの大切さを我々日本人は知りました。また少子高齢化や医療費の膨らみ、更なる消費増税(たぶん)が国民生活を圧迫するのは確実。医療費の個人負担も増えるでしょう。健康的な暮らしが今以上に必要となると思います。予防時代への扉が開かれたと思うこの頃です。

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3655~