整理整頓と断捨離

*テツヒサ情報局 2020年3月14日(土)   くもり

 

D3B9F7CF-9DD1-4B70-B746-0F4533FC6543
整理整頓
会合やMTGが減り時間を有効に活用すればこの時期の有意義な過ごし方が出来るかも。子供たちがせっせか部屋の片付けをしている姿を見習って考えてみた。
整理とは整え不要な物を取り除く、整頓は整理と同じような意味だが不要な物を取り除くという意味はないそうです。更に整頓は必要な物をいつでも取り出せるように配置するともあり整頓のほうが重要な要素と考えられます。
流行語ノミネート@断捨離
2010年に流行した断捨離という方付け。物を捨てるイメージが強い断捨離。片づけをする、物を捨てるイメージが強いことばですが他にも意味があることを思い出しました。そもそも断捨離とは「ヨガ」の思想です。物を捨てるや片付けることではありません。断行・捨行・離行を行うことで不要な物を断ち捨てることで物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的である。
「断」とは、入って来るいらない物を断つ。「捨」とは、家にずっとあるいらない物を捨てる。「離」とは、物への執着から離れる。
つまりモノが増えてきたから捨てればいい、ではなくて自分にとって「本当に必要なもの」を見つめ直そうとするのが断捨離で、そもそものものへの執着心を減らし、余計なモノを増やさないことで身軽で快適なライフスタイルを取り戻すことが目的とのこと。
実際にやってみる
「使っている」「使っていない」「今後使わない」「預ける物」「プレゼント出来る物」「思い出深い物」と振り分けるために基準を作る。「今後使わないもの」はいらないもの、必要ない物と考え捨てる。
必要だと決めたモノのための収納スペースを確保し、種類別にしまっていきましょう。日常的に使うモノは机の引き出しやタンス、中身が見えるクリアな収納ケースなどにしまいましょう。思い出深いモノは、箱にしまったり、逆にディスプレイするのもあり。タンスや収納容器もセンスの良いものを用意すればインテリアとしても活かせます。合理的で機能的にしまうことももちろん大切ですが、整理収納が持続するためには、オシャレに収納して楽しむことが出来れば断捨離が継続するもポイントにもなるということです。
断捨離の効果
1.モノが片付いたスッキリ感で空間と心にゆとりができる
断捨離の効果として、まず挙げられるのはやはり不要なモノを片付けたことによるスッキリ感が得られる。断捨離のイメージはモノのダイエットという感じです。不要なモノがなくなり、部屋がすっかりキレイに片付けられると、それは空間にゆとりを与えるだけでなく、そこで過ごす人の心にもゆとりを与えます。

 

2.モノ探しに時間をかけることもなく時間に余裕ができる
断捨離によって部屋がスッキリ片付くと、「あの食器は、服は、本は、書類はどこにあっただろう」などとモノ探しの時短になる。またものの探しやすくなる。

 

3.断捨離を続けていると自然とこまめな掃除の習慣が身につく
断捨離を続けていくとそのうち断捨離をすることが当たり前の習慣として身についていく。自然とこまめに実践することが身に付く。
また、掃除をやる際にも邪魔になるモノがないので、掃除の効率そのものもよくなるというメリットが得られる。

4.余計なモノを買わなくなるのでお金の節約につながる
断捨離の今まで溜めこんでいた余計なモノを捨てるという行為を続けていくと、やがてさほど使わずに捨ててしまうために、最初から買わないようになります。また、本当に必要なモノのみ買うようになり判断力も養われる。お金の無駄づかいをしてしまうリスクも格段に減らせる。

 

5.仕事や家事に対する集中力や段取りがよくなって効率がアップする
断捨離で捨てるものと残しておくものの分類をして、それにしたがって捨てるべきものはきっぱりと捨てる習慣を身につけることは、テキパキとした行動力と判断力を養える。断捨離を繰り返して段取りよくモノの分類ができるようになっていくことは、仕事や家事のやり方の段取りをよくする発想力が鍛えられる効果も期待できます。
そして断捨離の仕事や家事に対する効果は、それだけではありません。余計なモノがない空間は、仕事や家事に対する集中力を阻害するものがない空間でもありますので、この点でも効率アップが期待できます。

 

6.ホコリなどのハウスダストの害が減って健康的になる
断捨離によって掃除・片付けが行き届いた空間は、ホコリやダニなどのハウスダストも大幅に減らすことができた空間となる。ハウスダストによるアレルギーや気管支ぜんそくなどの健康被害が問題視されていますが、しっかり断捨離をすることによってこうした健康面のリスクを回避できるという効果も期待できます。

 

7.不要なモノを捨てることはよい運気をもたらせる可能性もある
風水の考え方のひとつに、使わないモノを溜めこむことは、古い運気を溜めこむことにつながるというものがあります。つまり、不要品に囲まれた生活では、開運をしようと思っても古い運気がどっしりとその空間に居座って邪魔をしてしまうので、開運の効果も思ったように得られないということです。断捨離で不要なモノを捨てることは、古い運気をはらって新しい運気を呼びこむきっかけでもあります。運の悪さで人生を損している気がすると実感している人にとって、断捨離はその運の悪さを断ち切る大きなチャンスです。

 

8.モノや人に執着しすぎない心を育てることで人間関係もよくなる

 

断捨離は、モノに対する執着を断ち切る行為でもあります。断捨離を続けることで、この執着しないという気持ちが、人に対しても向けられるようになってきます。今までの恋愛において、パートナーに依存、執着する傾向が強かったという自覚がある人には特におすすめです。また、断捨離は自分の決断で捨てるモノを決めていく決断の連続でもあります。この自分での決断の連続という環境に鍛えられると、徐々に自分自身の考えに自信が持てるようになって他人の考え方に振り回されることも少なくなるなど、人間関係の改善効果も期待できます。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3665~