新生活スタートの時期に意識してみる

*テツヒサ情報局 2020年3月20日(金)   晴れ
春分の日
春の陽気に包まれた今日は絶好のお花見日和でした。お花見についても自粛ムードですから今年の春は移動中にお花見を楽しむ感じでしょうか。お花見客を見る春の風物詩が今年は消えてなくなりそうです。

 

038A73DD-EE9C-4A36-B4E5-5A9304A0E582
新生活の準備
暦では今日から春。待ちに待った春の到来に心が躍るはずですが不透明すぎる社会情勢の中ではどうもそうは行かないものです。我家では子供たちの学校再開は未だに未定、新たなステージに進む長女の入学式もどうなるのやら。新生活に期待を膨らませ楽しみにしている方々にとって明るいニュースが届きますように。
香りが飛んでくる
我家ではムスカリという家族みんなが好きな花が咲き始めました。花瓶に入れてもとても良い香がして楽しんでいます。春の陽気のお陰で窓を開ければ気持ち良い風を感じられるこの季節。一年を通しても一番気持ちが良いと個人的には思う好きな季節。
しかし、自然な草花の香とは違う人工的な香に苦しむ方にとっては辛い季節となってしまいます。
香害
ご近所の洗濯物が発する化学物質(人工の香り)によって体調を壊す方がいる。このブログでも化学物質と電磁波との関わりが深いため何度も記事を書いていますが、洗剤や柔軟剤の香りに体が反応してしまう化学物質過敏症の方が国内で1000万人以上いると言われています。一種のアレルギーと思って頂くと理解しやすいかもしれません。

 

CCB4A500-3CF9-47E7-B051-A2E63F3A48B5

大阪府は自治体により異なるとは言え香料の自粛を呼びかける全国でも数少ない地域なんだそうです。病院や学校でも香料の使用を控えるよう文書を出しているところもあるとか。府の担当者は化学物質過敏症で苦しむ方の存在を承知しており化学物質の使用に対して公の場などの人が集まる場所での配慮が重要であると予防対策の普及と化学物質過敏症を正しく知ってもらえるように啓蒙活動を行っているという。
セットで考える
柔軟剤だけでなく身の回りの香付き製品を考えてみます。石鹸、洗剤、消臭剤、除菌剤、制汗剤、化粧品、整髪料など。香付きではなくても化学物質を含む物はありますから身の回りに溢れています。そして建物の建材や家具などに使用される化学物質も併せれば化学物質まみれと言っても過言ではありません。電磁波との同じように増加しているのです。化学物質過敏症は電磁波過敏と症状が非常に似ていてまた、併発するとも言われています。
新生活スタートの時期に意識してみる
身の回りに急激に増え続けるという共通点を考えると共に急増している化学物質と電磁波が相乗効果的に悪さをするかも。いずれにせよ自らの体を強く保つために免疫力を上げるため、住環境や日用品の選択により電磁波や化学物質を遠ざける必要がある時代ではないかと思います。新生活の準備の一環で意識してみては如何でしょうか。

 

 

 

https://www.facebook.com/denziha(facebookページ)
https://facebook.com/tetsuhisaa(個人アカウント)
https://www.instagram.com/tths.a(個人アカウント)
https://twitter.com/aoyama_tetuhisa(個人アカウント)
*一般社団法人日本電磁波協会(EMFA)、電磁波測定士資格取得についてはこちら
~2012年6月より365ブログ継続中 No.3671~